それを食う

47 の用例 (0.00 秒)
  • 彼らはもう一人の蛮人を連れていて、それを食うために殺そうとしていた。 デフォー/佐山栄太郎訳『ロビンソン・クルーソー』より引用
  • さけんで呼びとめようとしたが、したの先まで出かかったそれを食いとめた。 海音寺潮五郎『天と地と(三)』より引用
  • しかし、それを食い逃がしたら、又、いつ飯を食べられるかわからない。 黒島伝治『武装せる市街』より引用
  • 春になり、木や草が芽を出しはじめると、人びとは争ってそれを食った。 星新一『城のなかの人』より引用
  • しかし今ではそれを食ったり買ったりするものが半分以上変って行ってしまっているではないか。 田山花袋『日本橋附近』より引用
  • 彼はひどく腹が空いているので、怖ろしいのも忘れてそれを食った。 岡本綺堂『中国怪奇小説集』より引用
  • ここのアユはそれを食ってるせいでサンマになるんじゃないかと思ったのである。 坂口安吾『桐生通信』より引用
  • そして、ジョンがそれを食っている間に、平三は十五六間も先へ走って行った。 佐左木俊郎『或る部落の五つの話』より引用
  • すると、次郎はしぶしぶそれを食って、やがてきげんを直すのであった。 島崎藤村『嵐』より引用
  • ちょうど塩谷の母から鰊の燻製を四五十送って来てあったので、それを食う。 伊藤整『太平洋戦争日記(二)』より引用
  • それを食いながら暗いなかを黙ってうちまで帰ってきました。 夏目漱石『行人』より引用
  • さてそれからが大変で、それを食う日時が容易に決定されない。 堺利彦『私の父』より引用
  • それを食いながら暗い中を黙ってうちまで帰って来ました。 夏目漱石『行人』より引用
  • それを食う音が、何ぴとも猛烈な食欲を誘われずにはいられない音であった。 山田風太郎『忍法流水抄』より引用
  • それを食いこぼされては、次の年の種にもならぬが、綿花わたばなが汚れるのである。 石牟礼道子『十六夜橋』より引用
  • そのとおりにして、ジムはそれを食って、これで直るのを助けてくれるだろうと言った。 トウェイン/刈田元司訳『ハックルベリ・フィンの冒険』より引用
  • 余もそれを食いたいというのではないが少し買わせた。 高浜虚子『子規居士と余』より引用
  • あとから買った一匹の蟹に毒があって、それを食おうとした主人の顔に死相があらわれたのです。 岡本綺堂『青蛙堂鬼談』より引用
  • だがすでに関勝がいて、得たりとそれを食いとめた。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(六)』より引用
  • この土地の者は皆それを食ったなかで、お前ひとりは食わなかったから、私はおまえに礼をしたい。 岡本綺堂『中国怪奇小説集』より引用
  • 次へ »