それを見つける

122 の用例 (0.00 秒)
  • ここで待っていれば、それを見つけることができるような気がしていた。 雨木シュウスケ『聖戦のレギオスⅠ 眠りなき墓標群』より引用
  • たといそれを見つけたとしても、彼はやはり黙って出て行ったであろう。 豊島与志雄『変る』より引用
  • だが、勝手も知らないこの闇のなかでそれを見つけるのは不可能だった。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『01 アンクルから来た男』より引用
  • 妹は早くもそれを見つけてそっちに行こうとしているのだとわかりました。 有島武郎『一房の葡萄』より引用
  • 私はそれを見つけたけれど、もとのところへしまっておいたのである。 横溝正史『金田一耕助ファイル01 八つ墓村』より引用
  • それを見つけた時点で、必ず何ピースかは隠されていると自信があった。 山田悠介『パズル』より引用
  • 小學生たちがそれを見つけたと見えて、蠶にやるのだからと貰ひに來た。 長谷川時雨『桑摘み』より引用
  • メリイおじさんがそれを見つけたがっているのも、同じ理由からなんだ。 クーパー『(闇の戦い0)コーンウォールの聖杯』より引用
  • 熊楠もそれを見つけたが、何か白い人形の腕のようなものにも見える。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • するとお姫さんがそれを見つけて、あれはなにじゃと腰元にたずねた。 駒田信二『一条さゆりの性』より引用
  • 麻理がたまたまそれを見つけたとしても、それは表を向いたままでしょう。 小野不由美『黒祠の島』より引用
  • それを見つけた女子のひとりが、にやっと笑って卵サンドを踏みつぶす。 桐生祐狩『夏の滴』より引用
  • そんな折に、クラスはひょいと視線を向けた先にまたそれを見つけた。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅶ Side Colors』より引用
  • それを見つけた生徒たちは悲鳴を上げて教室から飛び出し、大騒ぎとなる。
  • 苦労が大きければ大きいほど、それを見つけたときのよろこびも大きい。 森本哲郎『読書の旅 愛書家に捧ぐ』より引用
  • 山木家の侍がふとそれを見つけ、怪しみながら花嫁の後をつけて行った。 吉川英治『源頼朝(一)』より引用
  • 自分がそれを見つけられずにいただけだ、ということがこれではつきりした。 定金伸治『ユーフォリ・テクニカ王立技術院物語』より引用
  • まっさきにそれを見つけたのは、るすをしていた高一の妹ミドリです。 海野十三『電気鳩』より引用
  • といって、それを見つけたところで、どうしようというのでもない。 須賀敦子『遠い朝の本たち』より引用
  • わたしは左手でその男の剣の柄を探り、それを見つけるとこういった。 バローズ『火星シリーズ10 火星の古代帝国』より引用
  • 次へ »