それを眺める

111 の用例 (0.00 秒)
  • それを眺めるのが死刑囚たちにとってはなによりの楽しみのようだった。 大塚公子『死刑執行人の苦悩』より引用
  • 彼らはしかし、前の年の夏のような気持でそれを眺めることは出来なかった。 阿川弘之『私記キスカ撤退』より引用
  • それを眺めるともなく眺めていて、久吉は半分泣きたい思いになっていた。 三浦綾子『海嶺(上)』より引用
  • 朝霧はその光を柔げて、まともにそれを眺める事を出来るやうにします。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 寛を送って来たのも、それを眺める魅力からだと、彼女自身は思っている。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • カウンターの上にグラスを置いて、しばらく手をつけずにじっとそれを眺める。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』より引用
  • まっすぐに上を向いてそれを眺めると、なんだかそれが動いているような気がした。 ポー・エドガー・アラン『落穴と振子』より引用
  • それを眺める祖父の眼も、父の眼も、笑ひを忘れたものゝやうに陰鬱である。 小寺菊子『父の帰宅』より引用
  • 私はそっと、下目を使ってそれを眺めると、なんと、それは人間なのです。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • 近所の家々の屋根の間からそれを眺めると丁度日は森の中に沈んで行くように見える。 島崎藤村『千曲川のスケッチ』より引用
  • 彼女はわずかに恥じらいをその眼の隅のあたりににじませて若者の横でそれを眺める。 森瑤子『女ざかり』より引用
  • 年甲斐としがいもなく、一人が若手歌手の親衛隊みたいな声をあげてそれを眺める。 半村良『下町探偵局PART1』より引用
  • 土地の人々は近くの丘に集まり、それを眺める風習があったという。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • それを眺めるのが、力で政治を闘い取った鎌倉武士なのである。 井伏鱒二『小説日本芸譚』より引用
  • それを眺める麗子は、次第に目がチカチカしてくるような気がした。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで3』より引用
  • それを眺めることで、治夫は考えている計画をより慎重に行う必要を悟らされた。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • 紅葉する頃になると坐っていてそれを眺める事が出来た。 内藤鳴雪『鳴雪自叙伝』より引用
  • わたしはそれを眺めるために前に出ていった。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書4』より引用
  • それを眺めることも好きだし、つややかな頬や額にそっと唇をつけるたのしみもある。 勝目梓『炎』より引用
  • それを眺めるかぐや姫は、悲しがって泣くのが、かなりはげしくなった。 星新一訳『竹取物語』より引用
  • 次へ »