それを無理矢理

18 の用例 (0.00 秒)
  • それを無理矢理ぎ取られてしまったら元の自分に戻ってしまう。 宗田理『2年A組探偵局 仮面学園殺人事件』より引用
  • 強くなった声は、それを無理矢理招き寄せる力を持っていた。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第01巻』より引用
  • もしかしたら心の奥底では不安があり、それを無理矢理打ち消そうとしたのかもしれない。 成田良悟『baccano! 1931 特急編 The Grand Punk Railroad』より引用
  • それを無理矢理にねじ伏せて、緒標はさらに『座標移動ムーブポイント』を発動させる。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第15巻』より引用
  • もしサエーナが法律で買うのが禁止されているような鳥であったなら、それを無理矢理飼うということは密輸業者やそこからペットを買う人たちと変わりないということになる。 篠崎砂美『お隣の魔法使い1 ~始まりは一つの呪文~』より引用
  • 弓子の頬から微笑が消え、その眼に哀しみの色が浮んだが、それを無理矢理、押えようとしているのが千葉にもはっきりわかった。 遠藤周作『協奏曲』より引用
  • 麻理は神領家の存続に協力する気などなかったし、明寛がそれを無理矢理に強制することは不可能だったが、志保の死によってそれが可能になった。 小野不由美『黒祠の島』より引用
  • 頭の中がモヤモヤして、何かが這い出ようとしているようだったが、本能がそれを無理矢理押さえつけているようだった。 奈須きのこ『歌月十夜 36 日向色の日常』より引用
  • 人並以上に性への興味・関心はあったものの、母親の再婚による複雑な家庭環境から男女の恋愛を禍々しく不浄なものと感じる過敏な潔癖さがそれを無理矢理に抑え込んでいた。
  • 優子は、肉感の歓びが感覚の流れに乗って自然に自分の中に充ち溢れる前に、それを無理矢理に先取りするかのようであった。 柴田翔『されどわれらが日々──』より引用
  • 目頭を押さえ、それを無理矢理追い払うと、俺は診療所へ入った。 はままさのり『青の騎士 ベルゼルガ物語 2』より引用
  • それを無理矢理にもう一度坐らせた。 森瑤子『女ざかり』より引用
  • 啓太はそれを無理矢理、のどの奥に流し込んだ。 有沢まみず『いぬかみっ!04』より引用
  • 缶の口とこの中栓のサイズが合わず、それを無理矢理押し込んだために、今度は、中栓がはずれなくなってしまい、結局中栓をつけたままその缶を捨てた。 柴門ふみ『とっても、愛ブーム』より引用
  • それを無理矢理押さえつけていた。 西尾維新『ネコソギラジカル(中) 赤き制裁vs.橙なる種』より引用
  • せっかくアンダーワールド人がブレイクスルーに近づいても、こんな粗雑で暴力的な心理ブロックでそれを無理矢理押し止めてしまっては、本末転倒以外の何ものでもない。 九里史生『SAO Web 0405 第七章02~転生Ⅱ』より引用
  • それを無理矢理に体裁ていさいつくろって半間はんまに調子を合せようとするとせっかくの慰藉いしゃ的好意が水泡と変化するのみならず、時には思いも寄らぬ結果を呈出して熱湯とまで沸騰ふっとうする事がある。 夏目漱石『趣味の遺伝』より引用
  • それを無理矢理呑みくだし、ホークはなおも動こうともがく。 吉野匠『レイン2 招かれざる帰還』より引用