それを無理やり

33 の用例 (0.00 秒)
  • それを無理やりおさえつけて、自分はえたのだと言い聞かせてきた。 賀東招二『フルメタル・パニック!12 ずっと、スタンド・バイ・ミー(下)』より引用
  • 苦痛くつうは激しいものだったが、フリウはそれを無理むりやりし込もうとした。 秋田禎信『エンジェル・ハウリング 第02巻 「戦慄の門 from the aspect of FURIU」』より引用
  • だからそれを無理やり言語化し、理解出来るものの範疇はんちゆうに入れようとする。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • それを無理やり髪にすり込んで、まず前髪を全部後ろへ撫でつけてみる。 原田宗典『東京困惑日記』より引用
  • 答えがわかっているのに、それを無理やり引きだしたかったのだ。 荒俣宏『帝都物語2』より引用
  • それを無理やり我慢がまんさせてきたのは自分だ。 喬林知『今日からマ王 第12巻 外伝 「息子はマのつく自由業!?」』より引用
  • それを無理やりあのドレッバーと結婚させられて、彼女は心痛のあまり死んだのです。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • それを無理やりにはらうように、勢いをつけて席を立つ。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ04 扉なき仮宿』より引用
  • ホロは財布から金をぬすむことで、それを無理やりにやってくれた。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅹ』より引用
  • なのに自分の言葉に責任を持って、考えを変えないようにするのって、それを無理やり止めようとすることと同じだと思う。 乾くるみ『イニシエーション・ラブ』より引用
  • だが、ハルユキはそれを無理やり深いところに沈めようとした。 川原礫『アクセル・ワールド 03 -夕闇の略奪者-』より引用
  • それを無理やり哀しい一日にする必要なんてない。 奈須きのこ『歌月十夜 01 本編』より引用
  • 力任ちからまかせに引きがし、手の中であばれるそれを無理やりに押さえつけた。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ02 金狼の住処』より引用
  • 歴史上の情報によると兄のナリマンタスがダウマンタスのもとに自分の妻をよこしたが、ダウマンタスはそれを無理やりに自分の妻にしたとのことである。
  • ちょっと困って、しかしそれを無理やり引き離せもしない。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 04巻 裏腹なる don't look back』より引用
  • 日美香はもどかしそうに、猟銃に手をかけると、それを無理やり奪い取った。 今邑彩『暗黒祭(「蛇神」シリーズ最終巻)』より引用
  • それを無理やり連れ戻して、友達の誰にも会わせず、先生にすら会わせないなんておかしいと思う! 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 07 皆殺し編』より引用
  • それを無理やり叩き起こし、『奉行所に持っていく』と半紙に受け取りを書かせて一文を収めたのだ。
  • それを無理やりに云い進んだ。 豊島与志雄『未来の天才』より引用
  • ギタリストでありながらギターで曲を考えるのがとても苦手だそうで、ピアノで全部のパートを作ってからそれを無理やりギターで演奏している。
  • 次へ »