それを改める

13 の用例 (0.00 秒)
  • 考え違いをさせられたまま、それを改める機会を与えられなかったのだ。 宮部みゆき『ICO 霧の城』より引用
  • レーヴィンは自分がわるいと感じながらも、それを改めることができなかった。 トルストイ/中村白葉訳『アンナ・カレーニナ(中)』より引用
  • リョーヴィンは、自分が悪いと感じながらも、それを改めることができなかった。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • そして自分等の年若な時分に一度間違つて覺え込んだことは、何十年經つても容易にそれを改めることは出來ないものだと思つた。 島崎藤村『桃の雫』より引用
  • これはたぶん見物の者がそれを改めることを予期して裏をかいたのかと思いますが、あるいは被害者からでも私が参観にくることを前もって知らせをうけて意表にでた用意かも知れません。 坂口安吾『心霊殺人事件』より引用
  • 江原老人との関係は、それを改めることはできず、依然としてもとの木阿弥もくあみである。 井上靖『崖(下)』より引用
  • 良精がそれを改めると、「金天狗」という日本の紙巻煙草二個とマッチが出て来た。 山田風太郎『明治波濤歌(下) 山田風太郎明治小説全集 10』より引用
  • みんなどういう人になって行くかと見ている中にも、半蔵の一本気と正直さと来たら、一度これが自分らの行く道だと見さだめをつけたら、それを改めることも変えることもできないのが半蔵だ。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 前川が、夫人に対する態度をよく知っており、それを改めることが、前川にとって不可能であると思われるだけに、夫人にすべてが知られてしまった現在では、前川と自分との交際も、これが最後であると考えねばならなかった。 菊池寛『貞操問答』より引用
  • でも今さらそれを改める必要があるかしら? ジョーンズ『ハウルの動く城01 魔法使いハウルと火の悪魔』より引用
  • しかし単なる軍事指揮官だけではなく、天正4年に七里頼周が加賀にて無法を行なった時には、それを改めるよう文書を発するなど、政治面においても重きをなしていた。
  • 彼はピストルを引き寄せ、それを改めると、先頭の男が現われるはずの、岩に挾まれた狭い小道の一点に狙いをつけた。 ストウ/山屋三郎・大久保博訳『アンクル・トムズ・ケビン(上)』より引用
  • この人から見ると、故寛斎老人が生前によく半蔵のことを言って、半蔵の一本気と正直さと来たら、一度これが自分らの行く道だと見さだめをつけたら、それを改めることも変えることもできないのがあの半蔵だと評した言葉もおもい当たる。 島崎藤村『夜明け前』より引用