それを拾い上げる

51 の用例 (0.00 秒)
  • 回子たちは己が脚で玉を踏むと、水中に身を屈めて、それを拾い上げる。 井上靖『私の西域紀行(上)』より引用
  • そのうちの一枚が床に落ちて、近くにいた四季がそれを拾い上げた。 森博嗣『四季 2 夏』より引用
  • そしてその上に乗る事も、それを拾い上げる事も出来ぬのである。 森鴎外『女の決闘』より引用
  • 彼はそれを拾い上げて、大事そうに胸のポケットにしまった。 野村美月『文学少女シリーズ14 “文学少女”見習いの、卒業。』より引用
  • 私は急いでそれを拾い上げ、これはいったいどうしたことかと、頭上を見上げました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 03』より引用
  • 茶色い服を着た中年の男が腰をかがめてあわててそれを拾い上げた。 半村良『魔女街』より引用
  • 彼女はレーザー銃を下におき、警官はまたそれを拾い上げて装填状態を調べた。 ディック/朝倉久志訳『アンドロイドは電気羊の夢をみるか』より引用
  • それを拾い上げ、組み立てようとするエネルギーがいまは湧いてこないのだ。 内田康夫『後鳥羽伝説殺人事件』より引用
  • それを拾い上げることも忘れて、恭介はぼんやりと暗闇を見ていた。 三雲岳斗『レベリオン 第03巻』より引用
  • 僕はそれを拾い上げ、方向さえ確かめず、顔を伏せたまま走り去った。 小川洋子『沈黙博物館』より引用
  • ドイツ人の守衛がそれを拾い上げ、私に差し出してかかとを打ち鳴らした。 イネス/池央耿訳『ベルリン空輸回廊』より引用
  • 父はそれを拾い上げ、息子の歯の跡に気づき、ふり返って言った。 フレーザー/青江舜二郎訳『火の起原の神話』より引用
  • 別にその形や色に変ったところがないのを見ますと、何かそれを拾い上げた時に、不思議なことがあったのであろうと思います。 柳田国男『日本の伝説』より引用
  • しかし僕はさそくにそれを拾い上げる勇気を失っていた。 有島武郎『生まれ出づる悩み』より引用
  • 欠伸あくびをしながら、それを拾い上げた年輝の顔が、みるみる青ざめてゆく。 岩本隆雄『イーシャの舟』より引用
  • 彼はそれを拾い上げると、チョーカー型電極のスイッチを通常モードへ戻した。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第15巻』より引用
  • 河口を渡っていく途中、火をいろいろな島に落としたが、そのたびにそれを拾い上げた。 フレーザー/青江舜二郎訳『火の起原の神話』より引用
  • 彼はそれを拾い上げてベッドの枕元のテーブルに置いた。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 人形や玩具に爆弾が仕掛けられ、子供がそれヽヽを拾い上げると炸裂さくれつする。 山田正紀『贋作ゲーム』より引用
  • 日本人はそれを拾い上げるや、いち早くそれとそっくり同じものを作ってみるでしょう。 李御寧『「縮み」志向の日本人』より引用
  • 次へ »