それを彩る

9 の用例 (0.00 秒)
  • 八雲との出会いと、それを彩る事件の概要を半ば興奮しながら聞かせた覚えがある。 神永学『心霊探偵八雲 第1巻 赤い瞳は知っている (角川文庫)』より引用
  • 町内の家庭で育てられていることから、それを彩る花木のひとつとして栽培されていることから制定された。
  • 視界のすべてが、真っ青な空と、それをいろどるアクセントのような雲でおおくされた。 竹井10日『ポケロリ 01 りぼんの章』より引用
  • 上空から見下ろすという経験はないが、人工の建物とそれを彩る電飾を見間違えるはずもない。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第03巻 レギオス顕現』より引用
  • コノハと出会った頃のように、物語も、それをいろどる言葉も、よどみなくてきた。 野村美月『文学少女シリーズ09 “文学少女”と恋する挿話集1』より引用
  • どれだけ幸福に満たされているように見えても、それをいろどる背景は不幸一色、さっきの話でいう主観と客観の差だろうけど、アタシから見れば不幸のかたまりの御園マユも、本人はみーくんがそばにいれば幸せホクホクなんですって。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 01 幸せの背景は不幸』より引用
  • 俗語としてのフェチは、交際・性行為がメインであり、それを彩るための副菜・添え物としての趣味を指すため、専門用語としてのフェティシズムとはかなり乖離した意味であることに注意が必要である。
  • 柔らかな陽光に照らされる女王の緋い髪は複雑に結い上げられ、しゃらしゃらと涼やかな音で囁く金の歩揺が何本もそれを彩る。 同人『十二国記』より引用
  • それが真っ白な女身と、やや浅黒い少年の肌でたくみにだんだらをえがき、それを彩る黒い眼、黒い毛髪、赤い唇、赤い乳くび、さらに彼らをゆわえ、吊っている五彩の帯と金環と。 山田風太郎『柳生忍法帖(下)』より引用