それを契機

109 の用例 (0.00 秒)
  • そんな折、村の海岸で素性のわからない不思議な少女と出会い、それを契機としたかのように村で怪奇な事件が発生するようになる。
  • それを契機に、皆はまた適当な場所に座り直した。 二階堂黎人『奇跡島の不思議』より引用
  • それにつづいて日立の四カ月に亙る企業整備反対闘争が行なわれたが、これが敗北するとそれを契機に労働組合運動は再び後退を重ねたのである。 松本清張『日本の黒い霧(下)』より引用
  • それを契機にシュペーマンの神経誘導についても研究が進み始め、幾つかの因子が発見されている。
  • それを契機として早稲田大学は岐阜県美濃加茂市と文化交流協定を締結した。
  • 彼はこの判断から篩板の有無による大別に疑問を唱え、それを契機に様々な問題が指摘されるようになった。
  • それを契機に、同社の羽田空港駅を含む主要17駅でその駅にちなんだ曲を列車接近案内音として順次使用を開始している。
  • 天保てんぽう十二年正月、十一代将軍家斉いえなりこうじ、それを契機けいきに幕政は大きく転換てんかんした。 平岩弓枝『ちっちゃなかみさん』より引用
  • それを契機けいきとして、彼女の力が火の粉の形を取って、巨大な封絶ふうぜつ内に舞い上がる。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ S』より引用
  • わたくしの辞職のために学界に不祥事を生じ、それを契機として日本の文明が退歩するようなことがあれば、わたくしは何のかんばせあって天下の人にまみえることができましょうか。 松本清張『小説東京帝国大学(下)』より引用
  • というよりも、そんな貴重な試煉に会っても、それを契機に青年なら青年なりの生命観に触れてみるとか、生涯のエポックとして考えるとか、というまでの自己直視もまだ持っていなかったものだろう。 吉川英治『忘れ残りの記』より引用
  • その後、新しい事務所が決まり、それを契機に桃 さやかに改名した。
  • それを契機に、ロベルトの周囲で無言電話や現場を捉えた写真が舞い込むなどの脅迫が始まる。
  • アメンホテプ四世とネフェルティティが結婚したその年、老王アメンホテプ三世は即位三十年祭を行い、それを契機に、若い王子を共同統治者として宣言した。 酒井傳六『古代女王ものがたり』より引用
  • 島木と朝子はそれを契機けいきに別れたが、最近路上で偶然ぐうぜん再会したことから再び交際が始まった。 森村誠一『異型の街角』より引用
  • それを契機に、朱紗の超能力が本格的に発動する。
  • それを契機として、フルタイムのツアーを開始した。
  • それを契機に、彼らの体内から放逐されていた理性が席を回復し、イルク少佐は司令官の意を受けて全艦の着陸と被害の調査を命じた。 田中芳樹『タイタニア2 暴風編』より引用
  • それを契機に、冬本はキクプロへはいった。 森村誠一『新幹線殺人事件』より引用
  • それを契機とし、アディダスや電通などを始めとした企業から一大ビジネスチャンスとして注目されるようになった。
  • 次へ »