それは耐えがたい

9 の用例 (0.00 秒)
  • しかしそれは耐えがたいほどはっきりした、しかもいつも通りの夢を見るためだった。 コレット/石川登志夫訳『青い麦』より引用
  • それは耐えがたいほどではなく、じっとしていればなんとなく忘れてしまう程度のものだった。 花村萬月『ブルース』より引用
  • それは耐えがたい寒さと風の強圧であり、そのまま前進することは本能的に危険であることを彼は知った。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • それは耐えがたいほどになってきた。 ロレンス/飯島淳秀訳『チャタレイ夫人の恋人』より引用
  • 滞在の最初の頃、私は伯爵と心からの結びつきをつくろうと努力しましたが、それは耐えがたい印象にみちた時期でした。 バルザック/菅野昭正訳『谷間のゆり(上)』より引用
  • 気温は上昇し、もしオアシスの木蔭にいなかったら、それは耐えがたいものであったであろう。 ヴェルヌ/江口清訳『気球旅行の五週間』より引用
  • しかし、情熱的な人々はすぐさまそこを逃げだしますし、彼らにとってはそれは耐えがたいものなのです。 バルザック/菅野昭正訳『谷間のゆり(下)』より引用
  • それは耐えがたいものだった。 ムーア『暗黒界の妖精―ノースウェスト・スミス』より引用
  • それは耐えがたいもので、じわりと危ない唾が迫りあがって口中を充たした段階で、現場から逃亡しなくてはならなくなった。 花村萬月『ゲルマニウムの夜 王国記』より引用