それは瞬く間

17 の用例 (0.00 秒)
  • そう思うとそれは瞬く間に確信へと育っていった。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • 誰か一人が泣き出したら、それは瞬く間に伝染して、みんなも泣き出していたことだろう。 金城一紀『GO』より引用
  • それは瞬く間に伝播でんぱし、唱和する複数の声をデッキ内に響かせ始めた。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 08 宇宙と惑星と』より引用
  • それは瞬く間に消え去り、微かに閃いたスラスター光が虚空に尾を引いた。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 03 赤い彗星』より引用
  • それはまたたく間に彼の頭部全体を覆った。 東野圭吾『探偵ガリレオ』より引用
  • 閃光せんこうのようにまっすぐな視線が私の中を貫いていって、それは瞬く間に元に戻り、彼は何事もなかったかのようにゆったりとくつろぎながら、私の父に向かってこう言った。 小池真理子『狂王の庭』より引用
  • それは瞬く間に、後続の兵達に伝わり、巨大な歓声となって、全山にひびき渡った。 咲村観『上杉謙信地の巻』より引用
  • それは瞬く間に彼の思考を覆った。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • それはまたたく間に身をがすような激情となって、地を這いずるだけの力と思わず身をよじるほどの胸の苦痛を等分に群狗に与えた。 秋山瑞人『龍盤七朝DRAGONBUSTER 第一回(電撃hp vol.43)』より引用
  • それは瞬く間に彼の肌を覆い、もとより獣じみた容貌を本物のそれに近づけていく。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • それはまたたく間に女子にもひろがった。 初野晴『漆黒の王子』より引用
  • 四基のバインダーを花弁のごとく展開し、それは瞬く間にリニア・シートの直下に潜り込んでいった。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 04 パラオ攻略戦』より引用
  • それは瞬く間にDの全身を覆って、瞬く間に消えた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12c D-邪王星団3』より引用
  • それは瞬く間に吸収され、跡形もなく消え去った。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第03巻 レギオス顕現』より引用
  • それは瞬く間にパイロットスーツに燃え拡がり、操縦桿を握る腕を松明たいまつのごとく焼いた。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 08 宇宙と惑星と』より引用
  • それは瞬く間に膨れ上がった。 古橋秀之『ブラックロッド』より引用
  • それは瞬く間に真空の常闇に溶け込み、応射されたメガ粒子弾が横合いから<<ユニコーンガンダム>>に殺到した。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 10 虹の彼方に(下)』より引用