それは次第に

109 の用例 (0.01 秒)
  • じっと眼をこらしているうちに、それは次第に姿をあきらかにして来た。 山田風太郎『忍法流水抄』より引用
  • そう心の中で呟くたび、それは次第にゆるぎのない確信に変っていった。 中井英夫『とらんぷ譚』より引用
  • しかしそれは次第に数を増し、何百何千と艇の上に落ちて来た。 海野十三『火星探険』より引用
  • ジョンスンは疑いの目で男を見ていたが、それは次第に嫌悪に変った。 ディック/仁賀克雄訳『人間狩り ―ディック短編集』より引用
  • こまかく動いているのは頼子の体で、それは次第に激しくなっていた。 松本清張『波の塔(上)』より引用
  • 満足させる場合が増すに従って、それは次第に癖となり、むしろ拡大する。 山田風太郎『戦中派虫けら日記』より引用
  • ぼんやりした不安が全員の心をとらえ、それは次第に恐怖に変わりつつあった。 ヴェルヌ/土井寛之・荒川浩充訳『少年船長の冒険』より引用
  • 見るうちにそれは次第に大きくなり、やがて二つになりかすんで見えなくなった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • それは次第に複雑化し闇を押し退けて自己主張を始めていた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ PROLOGUE』より引用
  • それは次第にはげしくなって、一日じゅう吹きつづけ、降りつづけた。 駒田信二『中国怪奇物語〈神仙編〉』より引用
  • それは次第に効果を表して女たちの様子が変わってきた。 倉橋由美子『アマノン国往還記』より引用
  • それは次第に全身に及び、やがて静脈血までが同様の鮮紅色に変じた。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 柱が大きくなるにつれそれは次第に複雑な形に変形していった。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • 足がふるえ、それは次第にひろがり、ついにはからだ全体をふるわせた。 海音寺潮五郎『平将門 下巻』より引用
  • それは次第に速度を増し、はっきりと渦巻の形をなして行った。 新田次郎『昭和新山』より引用
  • それは次第に間隔を縮めて、もう絶えることのないすすり泣きとなった。 笹沢左保『雪に花散る奥州路』より引用
  • しかし、客車が二台三台と通るにつれて、それは次第にまして行った。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • しかも、それは次第に重量を増し背骨が今にも折れてしまいそうであった。 吉村昭『熊撃ち』より引用
  • それは次第しだいに穏やかになったが、体は嫌な疲労感に満たされていた。 片山憲太郎『紅 第01巻』より引用
  • 勝利を確信していた大男の顔が驚愕に変わり、それは次第に恐怖に変わっていった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第01巻 「放浪の戦士」』より引用
  • 次へ »

それは次第に の使われ方