それは恐らく

157 の用例 (0.00 秒)
  • 実は私に一人の弟がいました、それは恐らく世間では知らないでしょう。 大倉燁子『魂の喘ぎ』より引用
  • それは恐らく黒に見えるというだけで、本来はもっと別の何かなのだろう。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 03 スパーティング・クリムゾン』より引用
  • それは恐らくきっと、私自身が誰れよりも嫉妬深い人間だからなのだろう。 森瑤子『別れの予感』より引用
  • それは恐らくヒダの史実があまり重大のせいではないためでしょうか。 坂口安吾『安吾の新日本地理』より引用
  • 曖味に笑って、それは恐らく、現場の人間が気を回したのだろうと答えた。 茅田砂胡『スカーレット・ウィザード 第01巻』より引用
  • それは恐らく文化祭中の学校のどこかにいる、水色の外人さんなのだろう。 入間人間『電波女と青春男 第06巻』より引用
  • それは恐らく、彼女自身が屍鬼ではない者を愛し、人間に戻ることだ。 水戸泉『ヴァンパイア・プリンセス』より引用
  • それは恐らく、この地の郡官にも判っていないことに違いなかった。 井上靖『おろしや国酔夢譚』より引用
  • それは恐らく緊張ではなく、香苗の自信のなさを源とした胸の高鳴りだった。 明野照葉『輪(RINKAI)廻』より引用
  • それは恐らく、何物をも見竦めてしまうような異様な視線だったことでしょう。 豊島与志雄『土地に還る』より引用
  • しかしそれは恐らく、その種の邂逅としては最後のものに思われた。 石原慎太郎『遭難者』より引用
  • それは恐らく音楽のために何かを必ず貢献するでしょう。 兼常清佐『レコード蒐集』より引用
  • それは恐らく形而上学か認識論の仕事であろう、併し吾々の仕事ではない。 戸坂潤『空間概念の分析』より引用
  • それは恐らく、本能寺の異変は毛利方に伏せての大芝居であったろう。 三浦綾子『細川ガラシャ夫人』より引用
  • それは恐らく、忘れたのではなくて、故意に置いて行ったとよりとりようがない。 大阪圭吉『坑鬼』より引用
  • それは恐らく星の世界に行っても同じであろう。 高村光太郎『ミケランジェロの彫刻写真に題す』より引用
  • それは恐らく、あの女中の鶴やの言葉ではなく、外の誰かが言ったことだろう。 豊島与志雄『無法者』より引用
  • それは恐らく市長になりたてのときの写真なのであろう。 海野十三『深夜の市長』より引用
  • それは恐らく桂川水運が深く関係しているのだろうと思われる。
  • それは恐らく三次浅野家の重役どもの命を受けた刺客に違いない。 池宮彰一郎『最後の忠臣蔵』より引用
  • 次へ »