それは多分

271 の用例 (0.00 秒)
  • それは多分、あの地底の植物が人間にさせていることなのだろう。 半村良『楽園伝説』より引用
  • したがって、だれも信じてくれないというおそれは多分にある。 バローズ/佐藤高子訳『ペルシダーに還る』より引用
  • と、語るのだが、それは多分に自分自身への気休めの言葉であった。 堀和久『春日局』より引用
  • それは多分プラーグかでオリンピックのあった時だと思います。 宮本百合子『現実の問題』より引用
  • たとえ私が王になったとしても、ダイアンが私を見下すおそれは多分にある。 バローズ『地底世界ペルシダー』より引用
  • しかしそれは多分、半ば以上明日奈に原因があることなのだろう。 九里史生『SAO Web 外伝04 絶剣』より引用
  • それは多分、彼が初めて塩見に対して持った個人的な感情だった。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • それは多分、失わなくてもよかったはずのものだったのに。 雪乃紗衣『彩雲国物語 01 はじまりの風は紅く』より引用
  • 自分の心を後回しにできたのは、それは多分たぶん、竜児がいたからだ。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第07巻』より引用
  • それは多分、私の血管の中にイベリアの血が流れている事実によるのでしょう。 小岸昭『スペインを追われたユダヤ人 ―マラーノの足跡を訪ねて』より引用
  • それは多分、兄にとって十津川がマイナスな存在だという気がしているからだろう。 西村京太郎『十津川警部「友への挽歌」』より引用
  • それは多分、彼の日頃の生活に最も欠けているもののひとつだった。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • そういう気持が全然ないという人があったら、私はそれは多分うそだろうと思います。 湯川秀樹『この地球に生れあわせて』より引用
  • そして、あの夜鏡の向こうにだれかがいたとすれば、それは多分その夫にちがいあるまい。 阿刀田高『待っている男』より引用
  • それは多分、原始的で本能的な怖れ、不安ともいうべきものであった。 眉村卓『不定期エスパー6』より引用
  • それは多分御本井男爵家側の運動のためだったろうと、私は考えて居ります。 大倉燁子『蛇性の執念』より引用
  • それは多分ケヤキなんじゃないかと思うんだけどよく分んない。 橋本治『帰って来た桃尻娘(桃尻娘3)』より引用
  • が、それは多分何物をも見てはいなかっただろう。 葉山嘉樹『淫売婦』より引用
  • それは多分、弁信の前へ現われたピグミーと同一眷族けんぞくのものに属するのでしょう。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • それは多分、敵情が判明する迄の待機だったのだと、ぼくは想像する。 眉村卓『不定期エスパー6』より引用
  • 次へ »