それは多分

271 の用例 (0.00 秒)
  • それは多分、四道将軍の事跡に由来しているのであろうといわれている。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • それは多分、空が日本の空にも中国の空にもなりきっていないせいだろう。 工藤美代子『工藤写真館の昭和』より引用
  • それは多分に被害妄想に似たものも多輝子ちゃんの中に有ったのだろう。 辻内智貴『青空のルーレット』より引用
  • しかしそれは多分観測によって決定することができるであろうというのである。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • それは多分、研究者としての尊敬の念以上のものがあるのではないかと思う。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編かけら&TIPS』より引用
  • それは多分、大事なものを最後まで残しておきたい、子供のような気持ち。 西尾維新『クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識』より引用
  • 下総へ行ったらしいというような話があれば、それは多分本当だろう。 子母沢寛『父子鷹 上巻』より引用
  • それは多分十五年と十六年との間の冬に書かれたものらしい。 宮本百合子『地は饒なり』より引用
  • それは多分、小説の中でいつもそういう問題を扱っているせいだろう。 半村良『亜空間要塞の逆襲』より引用
  • それは多分、何度も何度も開いたり、折ったりしたからだと思われる。 梶山季之『女の警察』より引用
  • それは多分東日グループのどこかが提供していたのだろう。 半村良『石の血脈』より引用
  • それは多分、しばらくの間、高見の心にわだかまりとなって残るだろう。 西村京太郎『極楽行最終列車』より引用
  • それは多分、まず距離がはっきりしないということなんだろうな。 半村良『邪神世界』より引用
  • それは多分、開戦予定時刻の六時間前を意味しているのに違いない。 中村正『元首の謀叛』より引用
  • それは多分、誰かに自分を分析されるのは嫌だという気持ちから来ているのだろう。 片山憲太郎『電波的な彼女01』より引用
  • 口にも表情にも出さなかったが、それは多分木で引っけただけのものだろう。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅡ』より引用
  • 友人か、それは多分大人が子供に言っているようなものだろう。 沖田雅『先輩とぼく 01』より引用
  • それは多分、アガルタというあやしい夢にとりつかれたせいなのであろう。 半村良『楽園伝説』より引用
  • それは多分、昨夜また例の〝気配〟を感じて目が覚めたからなのだと思う。 綾辻行人『人形館の殺人』より引用
  • それは多分、今回の事件には何も関係がないことなのだろう。 西尾維新『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』より引用
  • 次へ »