それは吟子

13 の用例 (0.00 秒)
  • それは吟子自身もうすうす感じているし、自分自身でもいやなことだと思う。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • それは吟子の中にある良家の子女としてのつつましやかさのためでもあった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • それは吟子さえその気になれば今も手の届くところにあった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • それは吟子が栄泉堂の最中をもってきたのと同じだった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • たしかにそれは吟子の精神とかかわりのないことであった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • それは吟子のように勉学一筋にきた者には思いもつかない、大人の知恵でもあった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • それは吟子も感じていることであった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • もっともそれは吟子だって同じことだが、この人なら死んだあとはどうなっても知ったことじゃないわ、と平然としていられるかもしれない。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • それは吟子が格別意識的に求めたわけでも、望んだわけでもなかったが、水が低きに流れるように自然になったことであった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • もっともそれは吟子とて同じだった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • それは吟子も同じ思いだった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 実直なだけに、志方が局所の異状を訴えたらそれは吟子がうつしたことは明らかである。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • それは吟子も同じである。 渡辺淳一『花埋み』より引用