それは全然

81 の用例 (0.00 秒)
  • しかしそれは全然注意されなかった。 梶井基次郎『檸檬』より引用
  • それは全然悪いことではなかった。 夏石鈴子『いらっしゃいませ』より引用
  • しかし、この男の口からきいた時、それは全然、色彩が違ったもののように思えた。 高木彬光『妖術師』より引用
  • だったらそれは全然終わってねえ!! 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第01巻』より引用
  • 普通の人々がそのタッチをまねて見ようと言っても、それは全然出来ない事である。 兼常清佐『音楽界の迷信』より引用
  • それは全然別の話だからだ。 山田風太郎『戦中派不戦日記』より引用
  • それは全然地主の負担する所となり、そしていかなる消費者階級へも転嫁され得ないであろう。 リカード・デイヴィッド『経済学及び課税の諸原理』より引用
  • それは全然簡単なことじゃない! 野村美月『文学少女シリーズ02 “文学少女”と飢え渇く幽霊』より引用
  • それは全然専門的なもので、毎年専門技術家を卒業させて、新しい演奏家、作曲家がどんどん出て来る。 宮本百合子『ソヴェト・ロシアの素顔』より引用
  • もし、かれが遺産の一部である金を見つけて着服したとしても、それは全然別問題だ。 ガードナー/能島武文訳『管理人の飼い猫』より引用
  • それは全然彼らに敵となる。 モンテーニュ/関根秀雄訳『モンテーニュ随想録抄』より引用
  • が、四五日いるうちにそれは全然お嬢様育ちのお鈴の手落ちだったのを発見した。 芥川竜之介『玄鶴山房』より引用
  • 妹がどうなったのか、それは全然知らないが、男きょうだいのほうは四人とも誰一人結婚せず、いつも四人いっしょに暮らしていた。 ハドスン/水嶋正路訳『ある羊飼いの一生』より引用
  • 今だってそれは全然変わらない。 西尾維新『ネコソギラジカル(中) 赤き制裁vs.橙なる種』より引用
  • 他から侵入したものなら、他にもなくなったものがあるはずだが、それは全然ないのだから、こう考えるよりほかはないのである。 海音寺潮五郎『新太閤記(一)』より引用
  • ほとんどの場合、それは全然猟なんてものではなかった。 ニコル『C・W・ニコルの自然記』より引用
  • 編輯長は別れた女の悲しさを思ひやつた気持でゐるかも知れませんが、それは全然余興なのです。 坂口安吾『吹雪物語』より引用
  • 僕の気持には、それは全然ないんだ。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • そんなものは、僕には一度もあったためしがなかったが、大かた一般的にも、それは全然存在しないものに違いない。 チェーホフ/中村白葉訳『チェーホフ短編集「無名氏の話」』より引用
  • 自分は、それは全然むこうの風次第だと答えた。 宮本百合子『刻々』より引用
  • 次へ »