それは全然

81 の用例 (0.00 秒)
  • けだしそれは全然需要と比較しての労働者の供給に依存するからである。 リカード・デイヴィッド『経済学及び課税の諸原理』より引用
  • それは全然笑っているように見えなくて、痛々しい感じのする表情だった。 野村美月『文学少女シリーズ12 “文学少女”見習いの、傷心。』より引用
  • あいつがあの子とどんな仲だろうが、それは全然ぜんぜん動かない事実じじつだ。 賀東招二『フルメタル・パニック!02 疾るワン・ナイト・スタンド』より引用
  • それで全く未知の作用線を探す必要があるが、それは全然見当がつかない。 中谷宇吉郎『千里眼その他』より引用
  • どうでもいい、と大河が言うときは、それは全然どうでもよくないときなのだ。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第05巻』より引用
  • 私の中では、まだそれは全然終わったことではないのに。 山本文緒『プラナリア』より引用
  • それは全然聞きおぼえのない男の声であった。 宮本百合子『赤い貨車』より引用
  • だけどここにいて思うのは、それは全然嘘だということ。 角田光代『ピンク・バス』より引用
  • それは全然他人にはわからない言語であった。 山田風太郎『修羅維新牢』より引用
  • そしてそれは全然別のときのことであった。 堀辰雄『幼年時代』より引用
  • そのころは彼らは火をもたず、それは全然、知られていなかった。 フレーザー/青江舜二郎訳『火の起原の神話』より引用
  • 大名らは不平であったはずであるが、それは全然外へはれない。 海音寺潮五郎『新太閤記(四)』より引用
  • それは全然彼自身の推測すいそく超越ちようえつしていたのであった。 芥川龍之介『杜子春・南京の基督』より引用
  • ならば防具をつける前でもいいのではないか、と思ったがそれは全然違うらしい。 今野緒雪『マリア様がみてる 02 黄薔薇革命』より引用
  • それは全然都市ではなくて、暗闇くらやみのなかにうごめいている巨大なタコだった。 ミラー/大久保康雄訳『南回帰線(下)』より引用
  • それは全然彼自身の推測を超越してゐたのであつた。 芥川竜之介『老いたる素戔嗚尊』より引用
  • それは全然心の中の問題なのです。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編03 怪奇幻想』より引用
  • 当時の文学に対する知識は充分あったが、文壇に対するそれは全然ゼロであった。 辻潤『ふもれすく』より引用
  • わたしには、それは全然正しいことには思えません。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • それは全然作物語まるでつくりものがたりにでもありそうな事件であった。 徳田秋声『あらくれ』より引用
  • 次へ »