それは何かと

57 の用例 (0.01 秒)
  • それは何かというと、とにかく西洋人の書いた本だということです。 湯川秀樹『この地球に生れあわせて』より引用
  • それは何かと云へば、冬の月夜は少しも凄いものでないといふことである。 平野万里『晶子鑑賞』より引用
  • あるいはそれは何かとくべつな目的のための穴なのかもしれない。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』より引用
  • それは何かというと、美的な感受性というものを日本人は恵まれている。 湯川秀樹『創造的人間』より引用
  • それは何かというと、おそらくそういうものが実体としてあるとは思わない。 竹内好『近代の超克』より引用
  • それは何かというと、チャレンジ・スピリットと信用だと思っております。 城山三郎『勝 つ 経 営』より引用
  • すべての出来事に意味があり、それは何かと、だれかと、どこかとつながっている。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常⑧』より引用
  • それは何かというと、生の麦を砕いて固めてレンガのようにしたものである。 坂口謹一郎『古酒新酒』より引用
  • そしてそれは何かと訊ねられたら、そのとき初めて彼女に助言を求めるつもりであった。 カフカ/中野孝次訳『審判』より引用
  • それは何かというと、新約聖書の古代的・神話論的な言い方が含んでいる実存理解である。 八木誠一『キリストとイエス―聖書をどう読むか』より引用
  • それは何かと訊ねたら何でもないなんでもない。 筒井康隆『原始人』より引用
  • これが妙なことに現はれて居ります、それは何かといふと書風の上に現はれてゐるのです。 内藤湖南『日本文化の独立』より引用
  • それは何かというと、あれ以来、世阿弥の様子がにわかに生々いきいきとしてきたことだ。 吉川英治『鳴門秘帖』より引用
  • それは何かというと、戦後の日本の教育は、民主主義の名によって、アメリカの教育制度が外から持ち込まれた。 竹内好『近代の超克』より引用
  • トランクからナイフや釘などの入った鞄を取り出していると、女は笑いながらそれは何かとたずねてきた。 乙一『GOTH リストカット事件』より引用
  • それは何かというと「日々の些細なことと、散らばっている点と点を彼女の中で結んだ結果」だったのです。
  • それは何かと申しますと「新」ということであります。 高浜虚子『俳句の作りよう』より引用
  • それは何かというと、美人と自慢話の関係である。 林真理子『美女入門 PART2』より引用
  • 眉根を寄せている若だんなに、金次がそれは何かと聞いてきた。 畠中恵『ねこのばば』より引用
  • そういう点でこの話は価値がある、それは何かというと、武蔵の幼少時の家庭の空気が、決して少年の肌を温かに養っているものでなかったということである。 吉川英治『随筆 宮本武蔵』より引用
  • 次へ »

それは何かと の使われ方