それは一見

98 の用例 (0.00 秒)
  • それは一見かの強権を敵としているようであるけれども、そうではない。 石川啄木『時代閉塞の現状』より引用
  • 女としての私にある一すじな心、それは一見何という単純さでしょう。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • それは一見同じものではないかと思うほどよく似ている。 紀田順一郎『東京の下層社会』より引用
  • それは一見簡単そうに見えて、その実かなり困難な作業だった。 横溝正史『金田一耕助ファイル05 犬神家の一族 v0.9』より引用
  • それは一見、何の変哲もない平凡な日常の中に潜んでいるものだった。 藤原作弥『聖母病院の友人たち ―肝炎患者の学んだこと―』より引用
  • それは一見しただけでは、日常性を越えた、特に創造性高いものとは思われない。 吉田秀和『世界の指揮者』より引用
  • それは一見、当てになりそうに思われるが、確実とは言えない。 クリスティ/西川清子訳『ナイルに死す』より引用
  • それは一見したところでは、全く荒唐無稽なことだと思われた。 ドストエフスキー/中山省三郎訳『白痴(上)』より引用
  • それは一見して、ただの鉄のかたまりでないことが分かった。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第06巻』より引用
  • それは一見「自分勝手な解釈」に似ているけれど、その実は全然違う。 林望『テーブルの雲』より引用
  • それは一見すれば人というよりは猿に近いし、また事実知能もかなり低いとされている。 栗本薫『グイン・サーガ 002 荒野の戦士』より引用
  • それは一見同じことのようだが、まるで違う気がした。 今野緒雪『マリア様がみてる 01』より引用
  • それは一見して能登守の姿であることがわかりました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • それは一見静かに燃えながら、赤い炎よりもずっと高い温度で燃え盛るという。 竜騎士07『ひぐらしアウトブレイク』より引用
  • それは一見理由らしく見えるけれど実はただ口実にすぎない。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • それは一見したところ、ごく自然な、当たり前のような措置であったのだろう。 内田康夫『天河伝説殺人事件(下)』より引用
  • それは一見したところ、プラスチック製のやじろベーのようなものであった。 原田宗典『27』より引用
  • それは一見、ミラノで出来る手箱の内部かと思われる程であった。 レニエ『燃え上る青春』より引用
  • それは一見するとアコギな商売のようだが、実はそうでない。 林望『テーブルの雲』より引用
  • それは一見下らないことのようだが、男の子にとっては、かなり意味のある体験だ。 曾野綾子『太郎物語』より引用
  • 次へ »