それが突如

25 の用例 (0.00 秒)
  • それが突如として第十六集「太陽と薔薇」の中へ出て来たのが、この歌である。 平野万里『晶子鑑賞』より引用
  • 要するに御馬格兵衛もまた拡大図を見たわけだが、それが突如、口をあけたように見えた。 山田風太郎『くノ一紅騎兵』より引用
  • それが突如ナンバーワンに指名されて、すぐには信じられない。 森村誠一『生前情交痕跡あり』より引用
  • それが突如軌道を変え、あり得ない形、あり得ない方向に伸び、少女の心臓を貫いた。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • それが突如として、上級者用のコースへはまり込んで死にかけた。 森村誠一『精神分析殺人事件』より引用
  • それが突如、自治権の獲得を訴えたのだ。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • いままで兄の底なしの遊楽を指をくわえて見ていたが、それが突如自分に可能な世界として眼前に現われて来たのである。 山田風太郎『室町少年倶楽部』より引用
  • そんなことは日常茶飯でべつだん珍しいことでもなかったはずなのに、それが突如として深刻な問題にすり変わってしまったのだ。 エディングス『ベルガリアード物語3 竜神の高僧』より引用
  • それが突如としてすべてむしり取られようとしている。 森村誠一『人間の証明』より引用
  • それが突如として色を失い、現実を反転した奇怪な陰画と化しておれを包み込んだ。 菊地秀行『トレジャー・ハンター04 エイリアン黙示録』より引用
  • それが突如として破られ、白い鋭角的な先端が現れた。 大野木寛『ラーゼフォン第01巻』より引用
  • また婚期の遅れゆく幸子のことを考えるときは、今まで殆ど気もとめなかったことだのに、それが突如ただならぬ寒けとなって襲ったりした。 横光利一『旅愁』より引用
  • 一歩前進するごとに希望はふくれあがっていたのに、それが突如としてみじんにくだかれて絶望と化したのだ。 バローズ/佐藤高子訳『戦乱のペルシダー』より引用
  • それが突如として不可解にも中断され、フン王アッティラは思わず両手で頭をかかえた。 エリスン『世界の中心で愛を叫んだけもの』より引用
  • それが突如として、この男は実にたんげいすべからざる怖ろしい男だ、という認識に変った。 山田風太郎『ラスプーチンが来た 山田風太郎明治小説全集11』より引用
  • それが突如として、肩を怒らせてヤクザっぽい言葉を使い、顧客に反抗したりする。 佐木隆三『深川通り魔殺人事件』より引用
  • それが突如として鳴り出したとき、かれはさっそくミスター・キャリスターに電話した。 P・J・ファーマー『地球の壁の裏に』より引用
  • それが突如、国会図書館長となったのだから、一つのセンセーションを全米図書館界に起したことは容易に想像される。 中井正一『組織としての図書館へ』より引用
  • それが突如とつじょとして、頑張がんばるな、と豹変ひょうへんしたのである。 曾野綾子『太郎物語』より引用
  • あるいは発狂の果て、どこかで人知れず自殺を遂げたのではなかろうかとまでうわさされていたが、それが突如、しかも実に奇妙な場面へふたたび登場したのだから俊助のおどろきはどんなだったろう。 横溝正史『悪魔の設計図』より引用
  • 次へ »