それが次第に

219 の用例 (0.01 秒)
  • それが次第に執念化してくるのであった。 松本清張『象徴の設計 新装版』より引用
  • だが、それが次第に僕の心の虚無感に変わってゆく。 尾崎豊『黄昏ゆく街で』より引用
  • その上、その猫の胸には大きな白い斑点があったのだが、それが次第に大きくなって絞首台の形になってきた。
  • それが次第に昂じてゆくらしい気配さえある。 豊島与志雄『好人物』より引用
  • それが次第にはっきりと、大きく近づいてくる。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • それが次第に鎮まつてゆくと、今度は霜夜の凍てが満ちはじめた。 神西清『地獄』より引用
  • それが次第に激しくなった。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • それが次第に近づいてくる。 松本清張『陸行水行 別冊黒い画集2』より引用
  • 東京が空襲され、それが次第に激しくなってきたとき、近づいてくる爆弾の音をはかりながら。 石垣りん『ユーモアの鎖国』より引用
  • それは言葉には現せないただ漠然としたものだったが、それが次第に色濃くなってゆくのを二人共意識していた。 豊島与志雄『球突場の一隅』より引用
  • それが次第に近づいて来る。 冴木忍『カイルロッドの苦難 1 旅立ちは突然に』より引用
  • いつかまた左手遠くに沙包子地帯が現れており、それが次第にこちらに近寄ってくる。 井上靖『私の西域紀行(下)』より引用
  • それが次第しだいしていく。 賀東招二『フルメタル・パニック!10 せまるニック・オブ・タイム』より引用
  • それが次第に激しくなり、声が大きくなる。 宮部みゆき『レベル7』より引用
  • それが次第に、人型の肩と胸を形造っていく。 ベニー松山『隣り合わせの灰と青春』より引用
  • それが次第に白味を帯びて来ると、初めて電光の火柱が地上に向って頻りに突立つ。 木暮理太郎『奥秩父の山旅日記』より引用
  • それが次第に霧のようにたちこめました。 竹山道雄『ビルマの竪琴』より引用
  • それが次第しだいに、建物や道路がえ、都会の街角へ変わっていく。 桜庭一樹『GOSICK 第1巻』より引用
  • 初めが浪漫主義で、それが次第にリアリズムなり象徴主義なりへ進むというのは、何も文学史だけのことではない。 福永武彦『第三随筆集 枕頭の書』より引用
  • ばったらばったらと草履の音がし、それが次第に近づいてくる。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • 次へ »