その醜い

18 の例文 (0.00 秒)
  • それでも、元は老人の話に驚いて、すぐにその醜さなど忘れてしまった。 ...
  • 自らの過去に蓋をする為、封印すべき過去と同じ手段を重ねるその醜さ。 ...
  • その美しさはその様式の美しさであり、その醜さはその様式の醜さである。 ...
  • それが膝でにじりあがって来て、昼顔の前にその醜怪な顔をつき出した。 ...
  • その醜さのうちには、なにか記念碑のように不滅のものがひそんでいた。 ...
  • その醜さを、彼らは“誰か”の所為にする事で解決しようとしたのだ。 ...
  • こうして非常な醜男ぶおとこに、その醜さを考えずに夢中になることもある。。 ...
  • その醜さが、おまえが自信を持ってるらしい可愛い顔にもにじみ出てるよ。 ...
  • 彼は死をのあたりに、しかもその醜怪きわまる姿のままに見たのだ。 ...
  • すでに肉交を経験しながら、なおその醜さを感じられない人は無神経である。 ...
  • さらにある雪の朝、姫君の顔をのぞき見た光源氏はその醜さに仰天する。 ...
  • そうしてその醜さからいかなる幸福を社会が得たか。 ...
  • その矛盾、その醜さと一生涯向き合っていくのがまっとうな人間だ。 ...
  • 既に醜美の判断を得たり、然らばすなわち何ぞその醜を去って美にかざるや。 ...
  • モリイがドアに手を伸ばしたので、ケイスもその醜さに気づいた。 ...
  • すでにその醜怪な姿は、ぐったりした尼僧とともに裸馬の上にあった。 ...
  • 彼女かのぢよ今自分いまじぶん假面かめん引剥ひきはぎ、そのみにくさにおどろかなければならなかつた。 ...