その悩み

128 の用例 (0.00 秒)
  • 国元の奥様のことを考えながら、その悩みをお忘れになりたい為めにね。 岡本かの子『巴里祭』より引用
  • 私は父の死の瞬間までその悩みがなんであるか知りませんでした。 山本禾太郎『抱茗荷の説』より引用
  • しかしそのなやみは、すえ幸福こうふくることのために愉快ゆかいでありました。 小川未明『明るき世界へ』より引用
  • いわば、この本は、その悩みの過程における両君の血と涙の報告記である。 村山俊太郎『『教室の記録』の編集を終えて』より引用
  • だが、Qホテルの門をはいっていくと、そのなやみもすぐ解決かいけつされた。 横溝正史『姿なき怪人』より引用
  • いや悩みがあっても、その悩みにブッつかることを恐れているのです。 高神覚昇『般若心経講義』より引用
  • ところがゆうべの停電だろ、ぼくはまだその悩みというのをきいていないんだ。 横溝正史『金田一耕助ファイル17 仮面舞踏会』より引用
  • だが、その悩みこそ、自分おのれの身の病でもなければ、また自分一個の心の病でもありません。 高神覚昇『般若心経講義』より引用
  • ただ悩みを分かちあい、その悩みを生きる力の源にする方法を教えているだけだ。 ロッデンベリイ『スター・トレック5/新たなる未知へ』より引用
  • わたしはここに来て、あなたに会い、偶然その悩みを解決し、また元気にしてあげた。 フィルポッツ/井内雄四郎訳『闇からの声』より引用
  • だったら、その悩みを解決すれば、晴れてその生徒も生徒会のとりこに! 葵せきな『生徒会の二心 碧陽学園生徒会議事録2』より引用
  • 真剣な俳優であればあるほどその悩みは深い。 永井隆『ロザリオの鎖』より引用
  • その悩みは、己の死という形でしか解消し得なかったのか。 貫井徳郎『天使の屍』より引用
  • この地獄の馬ならば、或はその悩みを解消してくれるかもしれぬ。 隆慶一郎『一夢庵風流記』より引用
  • この焦躁感のまじった探究心はますますその悩みと傷口を大きくする。 原口統三『二十歳のエチュード』より引用
  • そして彼女と別れた後も、その悩みの大半を、大したことではないと思えるようになるのだった。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • と、その悩み疲れたような顔には、われにもなく、喜びならぬ驚きの色が描きだされた。 トルストイ/中村白葉訳『アンナ・カレーニナ(上)』より引用
  • すべてが終ったあとにおぬいさんが受けるであろうその悩みと苦しみとを考えてみただけでも、心が寒くなった。 有島武郎『星座』より引用
  • よかったら、その悩みのこと私に教えてくれない? 森瑤子『TOKYO愛情物語』より引用
  • 桃子は芸能界入りに悩み、裸武にその悩みを相談する内に次第に裸武に惹かれていく。
  • 次へ »