その天衣無縫

4 の用例 (0.00 秒)
  • 逆にその天衣無縫ぶりは、久邇宮邦彦王・吉田茂などから愛されもした。
  • それは、その天衣無縫の性格と神変自在の画技と、自分の仕事に対する純粋な没入性であった。 山田風太郎『八犬傳(上)』より引用
  • その天衣無縫てんいむほうの剣訣を余人がいきなり真似ることは不可能だったはずで、どこかの時点で別の誰かが他の剣法の套路に動作を落とし込んで一応の体系立った技術としてまとめ上げたのだろう。 秋山瑞人『龍盤七朝DRAGONBUSTER 第一回(電撃hp vol.43)』より引用
  • 勘五郎作曲の「新曲浦島」「多摩川」「しづ苧環をだまき」などがお得意で、その天衣無縫の芸は、大正時代、有楽座の名人会の花形であった。 秋山加代『辛夷の花──父 小泉信三の思い出──』より引用