その外見

298 の用例 (0.01 秒)
  • フェアリイ達はすべてその外見が彼女と同じような少女の姿であった。 伏見健二『サイレンの哀歌が聞こえる』より引用
  • その外見によって貴族たちは、はっきりと新旧二つの組にわかれていた。 トルストイ/中村白葉訳『アンナ・カレーニナ(下)』より引用
  • その外見の優劣は一層われわれに満足と愉快の念を起させるだけである。 山田風太郎『戦中派虫けら日記』より引用
  • その外見から実際の年齢よりも上に見られることがしばしばある。
  • でも、その外見が好きだからあなたを好きになったわけではないわ。 今野緒雪『マリア様がみてる 14 涼風さつさつ』より引用
  • しかし、その外見とは裏腹に、彼の仕事ぶりはひどく野性的なのである。 半村良『楽園伝説』より引用
  • 復活の度に、彼は体の一部と記憶を失い、その外見は死骸に近づいて行く。
  • その外見のせいで有力な弁護士事務所には採用してもらえなかった。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • としころは二十代のなかばに見えたが、その外見にはさほど意味はない。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編05 最後の宝貝』より引用
  • その外見だけからすれば、どこぞの営業マンといったふうにしか見えない。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • いずれにせよ、その外見がどうこういう疑問は、的はずれというものだ。 ディクスン『ドラゴンの騎士〔上〕』より引用
  • その外見と骨格の特徴から最初は最初期の走鳥類だと考えられていた。
  • 顔は青白く、ぼってりとしているなど、その外見は美人とは言いがたい。
  • その外見をひと言で言えば、二頭身にディフォルメされたエリス自身だ。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第01巻』より引用
  • その外見からいうとほんとうは機関の仕事に適してはいなかった。 原田義人『火夫』より引用
  • 一部の漫画では、その外見や色からか「猿」と呼ばれていることもあった。
  • その外見の余りの脆さに彼女が兵器である事を忘れそうになる。
  • その外見は全身に独特の紋様があること以外は人類に酷似している。
  • しかし、毛の配置などに特徴があるものの、その外見は全てがほぼ同じである。
  • その外見からはなお知性と優越性の後光が、輝きだしているようだった。 K・H・シェール『宇宙船ピュルスの人々』より引用
  • 次へ »