その夕刻

53 の用例 (0.00 秒)
  • その夕刻、おのずと形成されていった解釈は次のようなものであった。 ウェルズ/新庄哲夫訳『タイム・マシン』より引用
  • 雪の日のその夕刻に、又左衛門をたずねて来たのは伊作という若い男だった。 藤沢周平『風の果て(下)』より引用
  • 彼らのやった大仕事があかるみにでたのは、その夕刻のことだった。 阿部牧郎『誘惑魔』より引用
  • 卜斎と織部は蔵の外に出て、その夕刻、同心長屋に起った異変を知った。 山田風太郎『忍法破倭兵状 ―山田風太郎忍法帖短篇全集(3)』より引用
  • 彼がその夕刻横浜の集金先へ現れた時は、すでに相当の酒がはいってるらしく真ッ赤な顔をしていた。 坂口安吾『安吾人生案内』より引用
  • その夕刻に岬に囲まれた湾の奥に箱館が見えた。 二宮隆雄『海援隊烈風録』より引用
  • しかし不幸にして、その夕刻、ホテルで不愉快な事件が起きた。 コンラッド/蕗沢忠枝訳『ロード・ジム(上)』より引用
  • その夕刻の会議では、冒頭にヒースが立って、事件の概要を簡潔に説明した。 ダイン/坂下昇訳『グリーン家殺人事件(下)』より引用
  • 犯人からの電話はその夕刻にあった。 大藪春彦『名のない男』より引用
  • その翌日から悴は急にわるくなりまして、とうとうその夕刻に息を引き取りましてね。 徳冨蘆花『小説 不如帰 』より引用
  • 彼は、早速さっそくその夕刻ゆうこく原隊げんたいから、所持品一切をもって、隊本部へ移った。 海野十三『未来の地下戦車長』より引用
  • その夕刻、自分が行なったせっかちな結論に思いをいたし、その際の自信過剰に苦笑をおぼえないでいられなかった。 ウェルズ/新庄哲夫訳『タイム・マシン』より引用
  • その夕刻、プリマス港のイングランド艦隊は上げ潮に囚われていた。
  • ただ、そういえば、その夕刻門前を乞食こじきのような十四、五の少年がウロウロしているのを見た者があるという。 山田風太郎『忍法行雲抄』より引用
  • その夕刻、エストニア当局は勝者のための贅を尽くした晩餐会を催した。
  • 陽の落ちるのももどかしく、彼女はその夕刻メディ叔母を呼んだ。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • その夕刻には「いざ征かん英国へ」その他の景気の良い軍楽と一緒に全国に放送された。
  • 距離から考えて、新野にゆくだけで丸一日は費やされ、一日働いたかどうかくらいで、その夕刻には帰り支度を始めているということになる。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』より引用
  • その夕刻、バンドホテル大食堂で、アイバは百人以上といわれる連合軍記者たちとの記者会見にのぞんだ。 ドウス昌代『東京ローズ』より引用
  • 検死法廷の開かれるのはその夕刻の五時と決まっていたので、警察側から提出する証拠物件を署長と一緒に目を通しながら、彼は少々時間をつぶした。 クロフツ/長谷川修二訳『フレンチ警部最大の事件』より引用
  • 次へ »