その壮麗

51 の用例 (0.00 秒)
  • 半年の間に、その壮麗な城壁は完成の域に達していたといっていい。 井上祐美子『五王戦国志7 暁闇篇』より引用
  • 遠坂邸の切妻屋根きりづまやねの頂に、その壮麗なる黄金の姿は立ちはだかっていた。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.1 「第四次聖杯戦争秘話」』より引用
  • 当時、ここを訪れた西方諸国の人士は皆一様にその壮麗さを本国に伝えた。 酒見賢一『後宮小説』より引用
  • その壮麗な都市のあちこちに、古代のローマの円形劇場を思わせる巨大なホールがあった。 光瀬龍『復讐の道標』より引用
  • 一六五三年に偉観であった大噴水は、今日でもなおその壮麗な面影を残している。 アレクサンドル・デュマ/石川登志夫訳『鉄仮面(上)』より引用
  • かくて、壮麗な蛇もまたその壮麗さから、解き放たれると思うかもしれない。 森敦『意味の変容』より引用
  • 太陽はまさに沈もうとし、その壮麗な光景は、どんな言葉でも表現することはできない。 ヘディン/岩村忍訳『さまよえる湖』より引用
  • 中央部にあるニザーミヤ学院は、その壮麗さがもののたとえにされているほどである。 バットゥータ/前嶋信次訳『三大陸周遊記』より引用
  • その壮麗さから、世界の七不思議のひとつに選ばれている。
  • この島は忠実にその壮麗な秘密を守り続けただろうか。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(1)』より引用
  • 彼はその壮麗さを思って一瞬、心を慰められた。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』より引用
  • その壮麗な肘掛椅子を、薄紫の衣をつけた六人の僧侶の肩が高々とかつぎ上げている。 アンデルセン/神西清訳『即興詩人(上)』より引用
  • その壮麗な光の饗宴きようえんの中を、雨村は盲目になったかのように、脇目もふらず足を進めた。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 志津夫は、その壮麗な建築物を見て、立ち止まってしまった。 梅原克文『カムナビ(下)』より引用
  • そして、その壮麗さは多くの礼拝者もひきつけ、アルテミス崇拝を形成した。
  • その壮麗さから「群馬の石舞台」とも呼ばれている。
  • そして、そのつどいつもその壮麗なパノラマからいい知れぬ冷気がおし寄せてくる感じがしたものだった。 ドストエフスキー/北垣信行訳『罪と罰(上)』より引用
  • その壮麗な導入部の恐怖を秘めた旋律は、未知なるものの存在を無気味に暗示しながら進んでいく。 ムーア『大宇宙の魔女―ノースウェスト・スミス』より引用
  • かつて見たどんな写真も、ディスプレイ・スクリーンの映像も、その壮麗な姿には遠くおよばなかった。 ホーガン『星を継ぐもの』より引用
  • 日没時の境内で上演されているケチャ・ダンスも、その壮麗な舞台によってよく知られている。
  • 次へ »