その地所

47 の用例 (0.00 秒)
  • そしてその地所そのものに、ある奇妙で風がわりな特徴があったのです。 クリスティ/山崎昂一訳『ミス・マープルのご意見は?1』より引用
  • その上いけないことには、その地所は鍵の手に板塀で囲まれていた。 蒲原有明『夢は呼び交す』より引用
  • その地所であるマウントバーノンにいた奴隷全部がワシントンの財産ではなかったことを理解するのは重要である。
  • 雑木の生茂おいしげっているその地所には、庭へ持出せるような木も可也にあった。 徳田秋声『あらくれ』より引用
  • そのかわりに、その地所に付属している農場用のトラックで出迎えてくれたのです。 クリスティ/山崎昂一訳『ミス・マープルのご意見は?1』より引用
  • その地所に対する申込み価格が、実際の価値よりずっと低いことがお分かりでしょう。 フーリック/大室幹雄訳『中国湖水殺人事件』より引用
  • その地所でテンサイを栽培して砂糖を生産して生計を立てた。
  • 伯爵は、注文にぴったりの格好なその地所を、自分が捜し当てた時のもようをいろいろと尋ねた。 ストーカー/平井呈一訳『吸血鬼ドラキュラ』より引用
  • その地所の浄めを、A女にしてほしいと言い出しました。 豊島与志雄『霊感』より引用
  • 司教座参事会は、1563年に廃止され、その地所は辺境伯領に編入された。
  • そしてその地所はおれのもんだ、と言って、地代として法外な代償を要求してきます。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • されば母の方から言えば、その地所をこの手切れとも言うべき三百円乃至五百円で売るということになるだろう。 大杉栄『獄中消息』より引用
  • やられるのはその地所の持ち主に納まってる連中だな。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • そうして、その地所というのは、どの辺にあるかまだよくわからないが、その面積はかなりな分量であろうことは想像される。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 老人を夜分その地所からおびき出すことができないのだ。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • 特定の物件駅を独占している間のみ、その地所縁の人物が加勢し、様々な能力で物件入手や相手への攻撃などの支援を行う。
  • ピンチョン大佐はただもう死んで硬直している男の握りしめた指から、その地所の所有権をもぎ取ってしまったようなものだった。 ホーソン/鈴木武雄訳『七破風の屋敷』より引用
  • その地所は、半瓦が貸しているので、いくらでも広く取れるというのである。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • 一外国人がロンドンに地所を購入し、その地所買い入れの次第を説明しにやってきた一弁理事務員の、これが当然受けるべき慣例的な扱いなのか? ストーカー/平井呈一訳『吸血鬼ドラキュラ』より引用
  • 新しい地主の主要な関心は、その地所からできるだけ早くより多くの富を搾取することにあった。
  • 次へ »