その圧倒的

251 の用例 (0.00 秒)
  • 彼の世界はその圧倒的な響きの中に閉じこめられているのであった。 イネス/池央耿訳『ベルリン空輸回廊』より引用
  • しかしその圧倒的な地位と権力を以てしても朝薫のほしいものは手に入らない。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • その圧倒的な攻撃力に、アレス・システムの防御ぼうぎよ機構が悲鳴をあげていた。 三雲岳斗『レベリオン 第03巻』より引用
  • その圧倒的な力は、だがスパーホークに向けられたものではなかった。 エディングス『エレニア記6 神々の約束』より引用
  • その圧倒的な気配に、五号室で眠っていた人間は目が覚めるだろう。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ ポリ黒03 プレイヤー・ブラック』より引用
  • 社会の変革において、大衆は常にその圧倒的な数をもって主役となる。
  • 上山時代はその圧倒的な強さから上山のオグリキャップの異名もとった。
  • その圧倒的戦闘能力にも拘らずアニメ版・原作共々呆気ない最期だった。
  • その圧倒あっとう的な巨大さに、変化が起きているようには見えない。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス07 ホワイト・オペラ』より引用
  • ソ連戦車の持つ最大の威力は、ドイツ重戦車と比較してのその圧倒的な生産量であった。
  • その圧倒的な力に各国政府の主力軍隊はなすすべ無く壊滅、異星人に支配された。
  • 小鮎こあゆさんがその圧倒的あっとうてきな料理知識を使いまたたく間に料理を作り上げて。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第15巻』より引用
  • その圧倒的な光景に意識が漂白されていくのを感じた。 池上永一『レキオス』より引用
  • その圧倒的な強さに政府軍の兵士たちは舌を巻いた。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • その圧倒的な威容いようと物量で、緒方は思わず納得なっとくさせられてしまいそうになる。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第08巻』より引用
  • アックアの持つ力のなぞを解き、その圧倒的な暴力に対抗するための選択は何か。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第16巻』より引用
  • その圧倒的な機動力の前に、つる草の鞭なんてまったく追いつかない。 志瑞祐『やってきたよ、ドルイドさん!』より引用
  • その圧倒的な姿に俺は思わず悲鳴を上げた。 押井守『Avalon 灰色の貴婦人』より引用
  • 関東大会初戦で西部と激突するも、その圧倒的な攻撃の前に敗戦を喫する。
  • その圧倒的な爆発力で、ドーマンセーマンを吹き飛ばすつもりなのだ! 荒俣宏『帝都物語5』より引用
  • 次へ »

その圧倒的 の使われ方