その周囲

2,383 の用例 (0.01 秒)
  • 居間には炬燵こたつが置かれてあり、その周囲に様々なものが置かれてあった。 牧野修『スイート・リトル・ベイビー』より引用
  • 少年時代とその周囲即ち自然にも、人間にも特別のものがなくてはならぬ。 小川未明『彼等流浪す』より引用
  • 駅前に商業施設とバスターミナルがあり、その周囲に住宅・学校がある。
  • その周囲の万般の状況も同一にならなくてはならないと云ふのである。 森林太郎『笑』より引用
  • その周囲の万般の状況も同一にならなくてはならないと云うのである。 森鴎外訳『諸国物語(下)』より引用
  • 彼女とその周囲に、これこそほんとうだと誓えるようなものは何もない。 栗本薫『真夜中の天使4』より引用
  • 国王の宮殿の建物は不規則に並んでいて、その周囲は七マイルあります。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • 広場の中心には小さな炎が燃えており、その周囲に十五人の何者かがいた。 秋山瑞人『おれはミサイル(前・後篇)』より引用
  • そして母の顔全体が、いつの間にかその周囲にはっきりとあらわれた。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • まさかそのときには、私の信頼する人物を、その周囲に付き添わせます。 アレクサンドル・デュマ/石川登志夫訳『鉄仮面(上)』より引用
  • 彼はまた噴水の処へ戻って来てその周囲まわりを走るように探して歩いた。 田中貢太郎『水魔』より引用
  • 彼女を中心として、円を描くようにその周囲の空気が掩絆かくはんされたのだ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第10巻』より引用
  • 部屋の真ん中には一つのテーブルがあり、その周囲に五脚の椅子があった。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書3』より引用
  • その周囲には彼女のふんや尿が散乱していて、異様さを感じる光景だった。 平坂読『ホーンテッド! 3』より引用
  • それがために、その周囲十五里のあいだには関帝廟かんていびょうを置くことを許さない。 岡本綺堂『中国怪奇小説集』より引用
  • 彼が超常現象だと決めたものは、けっしてその周囲では現れないのだ。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 中央には細長いテーブルがあり、その周囲にパイプ椅子が置かれている。 今野敏『心霊特捜』より引用
  • その周囲に警官けいかんらしき人影が動いていたが、正確な人数はよくわからない。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その4』より引用
  • 却って吾々の存在そのものが初めてその周囲に世界を有つのであった。 戸坂潤『科学方法論』より引用
  • しかしその周囲は葦が深く、都合良く敵兵から気づかれていなかった。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • 次へ »