その召使

48 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女はその召使がヴロンスキーの手紙を持って来たものと考えたふうだった。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • しかし、彼はその召使頭の顔に大きな安堵の色が現われたのを見て不思議に思った。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『ジーキル博士とハイド氏の怪事件』より引用
  • その召使はオーランドがロランド卿によく似ているというので彼を非常に愛していました。 ラム/松本恵子訳『シェイクスピア物語』より引用
  • その召使はヴロンスキーに手紙を持って来たのであった。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • 表には男子ばかり、そして奥向には、旗本の家族とその召使がいた。 稲垣史生『考証[大奥]』より引用
  • 部屋のそとに召使がいるはずで、その召使が喜んで僕を停車場まで送ってくれることになっています。 カフカ/谷友幸訳『アメリカ』より引用
  • 私の仲間といえば、収税吏と、その妻と、その召使しかいなかったけれども。 ルソー/太田不二訳『孤独な散歩者の夢想』より引用
  • その召使ははじめ立ちつくしていたが、まもなく姿を消した。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • ショパンはあまりにも弱っており、階段の上り下りでは医師またはその召使が彼を抱えなければならなかった。
  • ま、うちの店はその召使部屋にあたるわけです。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『07 放射能キャラバン追跡』より引用
  • 王の顔面の表現機関は王の鼻の左右大臣であり、その他の全身各部の表現作用は、その召使であり奴隷でありました。 夢野久作『鼻の表現』より引用
  • この忠実な愛人は自分が死んだばあいに父に渡すようにといって、手紙をその召使に託しておいたのでした。 ラム/松本恵子訳『シェイクスピア物語』より引用
  • 一つ屋根の下に女がふたりいると平和はないといわれるが、王龍ワンルンの家にきたこの蓮華リエンホワという女と、その召使の杜鵑ドチュエンが、なんの騒ぎも不和もなしにみなとうまくやって行くことができるとは考えられなかった。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(1部)』より引用
  • 計画を実行するまえに、私は二人の娘が新しい生活様式に適応し、いい家の夫人とその召使という役割をこなせるようになるまで待たなければならなかった。 フーリック/大室幹雄訳『中国梵鐘殺人事件』より引用
  • その召使が病気にかかりました。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(下)』より引用
  • 明日も、その召使ってのが来るのか? 赤川次郎『悪魔のような女 懐かしの名画ミステリー2』より引用
  • ところがウー・リンは姿を見せず、かわりにその召使が出て来て、主人は所要で外出したが、これから主人のいるところへご案内しましょうという。 クリスティ/小西宏訳『「ポワロ参上!」4』より引用
  • 総督は健康と静養のためだと称してどこかへしけこんでいるし、副総督はその召使に人民の膏血をしぼらせたといって訴えられている。 大宅壮一『炎は流れる3 明治と昭和の谷間』より引用
  • そして彼はこっそりと、エルサレムからきた巡礼の姿に身をやつして、その召使をつれて行きました。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(上)』より引用
  • だが、一度呼び出して使ったら、まずその召使は、三ヵ月間は呼び出せないことになっていました。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • 次へ »