その危険

715 の用例 (0.01 秒)
  • むこうは当然その危険を承知の上で、かれの世界へ侵入してきたはずだ。 P・J・ファーマー『異世界の門』より引用
  • それからも良人はその危険性の自分にあることを半分笑談じようだんにして言った。 志賀直哉『城の崎にて・小僧の神様』より引用
  • 信長自身のうちにも、そろそろその危険が反省されていたにちがいない。 吉川英治『新書太閤記(五)』より引用
  • 巨大な水の塊に見とれ、その危険にはまったく気がついていないようだ。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • 誰もが、その危険きけんがもっとも有り得るものだと思っていたということだ。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス06 レッド・ノクターン』より引用
  • その危険がどれほど大きいかは、あの厳しい警戒ぶりを見ればわかる。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・内田庶・中尾明訳『シャーロック・ホームズ全集(下)』より引用
  • 簡潔に、その危険がどんなものかということを、かれは話して聞かせた。 ヴォクト/能島武文訳『宇宙船ビーグル号の冒険』より引用
  • その危険がどのような種類のどのようなものかまではわからない。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第01巻 リグザリオ洗礼』より引用
  • しかしその危険を防ぐためには、手紙は絶対に発見されてはならないのです。 高木彬光『幽霊西へ行く』より引用
  • それからも良人はその危険性の自分にある事を半分笑談にして云った。 志賀直哉『小僧の神様・城の崎にて』より引用
  • 危険がいかに恐ろしいものであろうと、彼らはその危険を美しいものと見た。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』より引用
  • だが実際彼と向かい合うと正気に戻り、その危険が本当に分かってきた。 コンラッド/岩清水由美子訳『闇の奥』より引用
  • では、これから、その危険性について具体的にお話ししたいと思います。 深谷忠記『タイム』より引用
  • 海賊の襲撃は警戒しなければならないが、このあたりはその危険もない。 三浦綾子『海嶺(中)』より引用
  • 世襲され半ば自治状態になると中央もその危険を放置できなくなった。
  • その危険性きけんせい理解りかいするだけの頭があるし、手を出すほどのなやみもないからだ。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集03 自慢にならない三冠王?』より引用
  • だが、その危険は妖魔ようま魔獣まじゆう遭遇そうぐうする可能性があるからだと思っていた。 水野良『魔法戦士リウイ 第01巻』より引用
  • あたしの勘で、その危険がもうとつくに去つたつていふ気がするだけなの。 岸田国士『カライ博士の臨終』より引用
  • その危険きけんを察知したのは、戦いを外側から見ていたフェルマウスだった。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス07 ホワイト・オペラ』より引用
  • 彼女は、急いで、その危険にさらされている子供たちのところへもどる。 ハックスリー/高畠文夫訳『すばらしい新世界』より引用
  • 次へ »