その半分

726 の用例 (0.00 秒)
  • そして間相間あいまあいまには周囲の奥さんや娘さんにその半分の笑みを送っていた。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 本当の妻とは、眠る時間を別にすれば、その半分も一緒にいないだろう。 森瑤子『さよならに乾杯』より引用
  • 人口二千八百万を有するトーキョウはその半分を地下深く収めていた。 光瀬龍『寛永無明剣』より引用
  • スミはお若に同情して、父から貰つた金の中からその半分ばかりをやる。 三好十郎『おスミの持参金』より引用
  • 菊地はその半分の期間内に手続きを終え、処刑されてしまったのである。 大塚公子『死刑囚の最後の瞬間』より引用
  • その半分を使ったとしてもそれほど遊べるというわけではないだろう。 峰隆一郎『殺人特急逆転の15分』より引用
  • 人は短い生を生きるいきものだが、彼の生はその半分ほどもないものだった。 高殿円『バルビザンデ 暁の宝石姫 (The Beans 01)』より引用
  • 十八歳で殺されてしまった京子は、その半分も生きていなかったのだ。 西村京太郎『浅草偏奇館の殺人』より引用
  • 十二人の委員のうち、実際に出席しているのはその半分だけだった。 クラーク『渇きの海』より引用
  • その半分はまあ女の人でしょうがねえ、その中であなたは一番美しいんです。 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』より引用
  • それも無駄話からの情報収集によればその半分はちゃんと彼女がいたはずだ。 亜瑠『愛と青春のドタバタ』より引用
  • 管理棟のビルは鋭利な刃物で削られたように、その半分が消滅していた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 03 5121小隊 決戦前夜』より引用
  • その半分近くは半島戦争の古参兵であり、残りも守備隊から来ていた。
  • その半分くらいは、先生も名をきいたことがないようなものでした。 ロフティング『ドリトル先生物語06巻 ドリトル先生のキャラバン』より引用
  • わたしはその半分を肴にビールを飲みつづけ、残る半分で飯を食べた。 丸谷才一『食通知つたかぶり』より引用
  • その半分書いた分だけを実習がすんでから教室でみんなに読みました。 宮沢賢治『イギリス海岸』より引用
  • 一日五十本以上吸っていた煙草だが、いまはその半分近くにおさえている。 城山三郎『勇者は語らず』より引用
  • 年間平均降雪量は22インチだが、中央値をみればその半分以下である。
  • これを読まれた読者もおそらくその半分以上が思いあたる節があろう。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • つまりは、彦左衛門がいうように月ごとにいえばその半分の十二人になった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 26 長助の女房』より引用
  • 次へ »