その切り抜き

21 の用例 (0.00 秒)
  • その切り抜きを読み返すことによって夫を失った悲しさに必死に耐えているようであった。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 彼はだんだん布団の隙間を大きくして読んでいたが、いつの間にかその切り抜きを持ったまま首を外へ出していた。 谷崎潤一郎『潤一郎犯罪小説集』より引用
  • その切り抜きの一部に赤線が引いてあった。 霞流一『フォックスの死劇』より引用
  • 私はその切り抜きも車といっしょに突き落としてしまった。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • 二人はならんで立ったまま、その切り抜きを仔細に眺めていた。 フィッツジェラルド/野崎孝訳『グレート・ギャツビー』より引用
  • 私はその切り抜きをある読者から送ってもらったのであるが、これはそのうちの「お剣さん」となっているものである。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 06』より引用
  • 熊野はその切り抜きに目をとおすと、びっくりしたような顔をしてそれを山県医師に渡した。 横溝正史『血蝙蝠』より引用
  • わたくしはいまでもその切りきを持っているが、これは実になんともいいようのないほどふしぎな広告なのだ。 横溝正史『幽霊鉄仮面』より引用
  • 食堂のかぺはその切りきでいっぱいです。 野尻抱介『ロケットガール 04』より引用
  • カタログ雑誌を見ていたら、語源が出ていたのでと、その切り抜きが同封してあった。 星新一『きまぐれ遊歩道』より引用
  • 屋島は古新聞を持ち直してその切り抜きに眼をやった。 半村良『石の血脈』より引用
  • そう言いながら、私は右手で彼女の体を抱きすくめ、左手で四つに折ってあったその切り抜きを開いて読んでみました。 横溝正史『恐ろしき四月馬鹿』より引用
  • 等々力警部もその切り抜きを見ると、あっとばかりにおどろいた。 横溝正史『怪獣男爵』より引用
  • 東京新聞のコラムに「筆洗」というのがあるが、その切り抜きもまざっていた。 星新一『できそこない博物館』より引用
  • その切り抜きにも、けっこう時間がかかるが、私はどういうわけか、せかせかと読むことがきらいなのだ。 森本哲郎『日本語 根ほり葉ほり』より引用
  • その切り抜きはわきへおいて、わたしはさらに紐をほどいて、あとの書類をひっぱりだしてみた。 カー/平井圭一訳『黒死荘殺人事件』より引用
  • 風間は自暴自棄やけくそになって、その切り抜きをひき裂こうとしたが、というあの字が眼につくと、急に彼はぎょっとしたように眼を光らせた。 横溝正史『血蝙蝠』より引用
  • ローリングは、その切り抜きを手に取って、十秒か十五秒ほどの間、じっとその写真を眺めていたが、「いいえ」といった。 ガードナー/能島武文訳『ビロードの爪』より引用
  • おしまいのほうに、その切り抜きがあった。 新津きよみ『招待客』より引用
  • その切り抜きは、〈中央日報〉のもので、活字のところどころに、赤エンピツの棒が引いてある。 梶山季之『朝は死んでいた』より引用