その分身

39 の用例 (0.00 秒)
  • たった十数秒で、銀の魔剣とその分身は一三振りにまで増えてしまった。 丈月城『カンピオーネ! 02 魔王来臨』より引用
  • その分身たちは無情な戦闘力を駆使して異民たちを排除していく。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第02巻 イグナシス覚醒』より引用
  • その分身を少しずつ前方に飛ばし、先を行く教授に重ねてみる。 中村航『ぐるぐるまわるすべり台』より引用
  • 木挽町の塩湯はいわばその分身のようなものである。 蒲原有明『夢は呼び交す』より引用
  • しかし彼女の両親にはドウタが少女本人ではなく、その分身に過ぎないということがもちろんわかるはずだ。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • アルトーは『演劇とその分身』の中で次のように述べている。 山口昌男『道化的世界』より引用
  • ひとりの神のごとき世界創造者があり、その分身が作品の主人公であり、さらに物語の他の事件や他の人物は主人公によって構成された影になる。 今村仁司『「大菩薩峠」を読む ―峠の旅人』より引用
  • ここで、メトラはアルトーの『演劇とその分身』から次の部分を引用する。 山口昌男『道化的世界』より引用
  • 宗教はスィーフィードとその分身を信仰の対象にしているのが一般的だが、魔王を信仰する邪教集団も存在する。
  • また、ドゥルガーとその分身の七母神の侍女であるヨーギニーとは同一視されることも多い。
  • 新弟子検査に合格するために髷を結ってその分身長を稼ぐという手段も報道上で言及されている。
  • あの男はサッシンの片腕で、その分身のようなものです。 松本清張『空の城』より引用
  • 妖刀乾雲、左膳の筆をりていかなる文言をその分身坤竜にもたらしたことか? 林不忘『丹下左膳』より引用
  • しかしそんな彼でさえ、まさか自分がその分身によって得体の知れない世界へ誘われようなどとはもちろん夢にも思ってはいなかった。 大槻ケンヂ『くるぐる使い』より引用
  • さらには近隣に出自を持つ賀茂氏に信仰された味耜高彦根命もその分身として混同されるようになった。
  • 怒った主人公が、ついにその分身を刺し殺した瞬間、自分も死ぬという不気味な物語で、『影を殺した男』として映画化されている。 中村希明『怪談の科学―幽霊はなぜ現れる』より引用
  • しかし天吾にはどうしてもその仮説を、自分がふかえりとではなくその分身と性交したという可能性を、採ることができなかった。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • そしてまた神武紀に物語られた性格は、継体天皇の畿内進出にもその分身が認められることをここに予告しておこう。 宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』より引用
  • 母たちの期待に対するある嫌悪感けんおかんというか、母たちの権利と裁きに対する呪詛じゆそというか、そこで彼は、その分身といっしょになって、聖像を割ったのである! ドストエフスキー/工藤精一郎訳『未成年(下)』より引用
  • これはあるHPのアトラクションで、分身に名前をつけ「旅に出る」を選択すると、勝手にその分身が世界各国を放浪し、訪れた街の写真や様子をメールで送ってきてくれるのだ。 吉田修一『パーク・ライフ』より引用
  • 次へ »