その全額

36 の用例 (0.00 秒)
  • 山下はその全額を受け取ると、待っていたというようにつづけた。 津村秀介『湖畔の殺人』より引用
  • その全額が見世からでているので、藤紫は若松屋に六十五両もの借金がふえたことになる。 南原幹雄『付き馬屋おえん暗闇始末』より引用
  • 見知らぬ男はその全額を示した銀行あての小切手を書き、彼のところを辞去していきました。 ディケンズ/北川悌二訳『ピクウィック・クラブ(中)』より引用
  • その全額が賭博とばくの穴埋めに当てられていたというのだ。 赤江瀑『正倉院の矢』より引用
  • 安心した主婦は支部長に270万円を渡し、その全額が部落解放京都府企業連合会のものとなった。
  • 同順位者が複数いる場合は、その一人がした請求は全員のためにその全額につきしたものとみなし、その一人に対してした支給は全員に対してしたものとみなされる。
  • 部屋にいた一人が、ホステスのキャッシュカードを持って銀行に走り、その全額を引き出す。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 マフィアの棲む街』より引用
  • 公庫の資本金は、政府がその全額を出資していた。
  • ちなみに文化十年ごろの鹿児島藩の総収入は年間十四万両で、その全額を投入しても一カ年の利息払いにはるかにおよばない、とも同書は言っている。 藤沢周平『漆(うるし)の実のみのる国(上)』より引用
  • こう云っても、農民の一等困っている点は税金よりも他にあるのだから、税金の軽減は決して生活の積極的な安定などにはならぬのだし、それに三億円に近い地方財源の失われたものを国庫が交付金として負担するからと云っても、その全額分が農民プロパーに対して軽減されるわけでもない。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • しかし、事案のひとつひとつが裁可されていき、結局、ほぼその全額の財政援助えんじよが決まった。 吉岡忍『奇跡を起こした村のはなし』より引用
  • 公庫の資本金は政府がその全額を出資する。
  • ただし当該年金給付がその全額につき支給を停止されている間は、時効は進行しない。
  • かくして最終的にはこの大会は、およそ400億円の黒字で終了かつ成功し、その全額がアメリカの青少年の振興とスポーツのために寄付された。
  • 極端な例としては、直通運転の境界駅である場合、乗らない方の事業者の乗車券を購入すると、その全額を乗車した事業者線の運賃として充当できることになる。
  • コネリー復帰のために破格の出演料が払われたが、彼はその全額をスコットランド国際教育基金に寄付した。
  • そして偶然、わずかなものをもうけるかあるいは儲けたと信ずるときには、それを口実にすぐいろんなことに金を費やして、その全額は儲けの十倍にもなってしまいがちである。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • その結果、獨協学園は2億円超を追徴課税されたが、学園側は修正申告に応じ、その全額を納付した。
  • 球団は2007年よりリーグの経営補填金を実質的に受けない独立採算になっているが、法人化以来3シーズンの累積赤字が1億8千万円にのぼり、その全額をスポンサーである星企画が補填していることが2008年のシーズン終了後に明らかにされた。
  • 麻季はその全額を、雄一に返却しようと決心した。 吉村達也『ワンナイトミステリー3 「香港の魔宮」』より引用
  • 次へ »