その光沢

47 の用例 (0.00 秒)
  • そして、釉全体に妖しい底光をあたえている、その光沢のちからである。 赤江瀑『正倉院の矢』より引用
  • 長さ七尺におよび、ほどけば床に流れ、その光沢は鏡のようであったという。 田中芳樹『風よ、万里を翔けよ』より引用
  • 十四年の時を経ても、その光沢は衰えず、透き通るような白は色せない。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • その光沢、あるいはその大きさ、あるいはその形によってそうなる。 スタンダール/白井浩司訳『恋愛論』より引用
  • 老若男女を選ばず、磨けばみがくほど、いよいよその光沢つやが出てきます。 高神覚昇『般若心経講義』より引用
  • 元はピカピカだった表面が何十億年も航宙を続けた結果その光沢を失ってしまったのかもしれない。 ロッデンベリイ『スター・トレック4/故郷への長い道』より引用
  • その光沢はいかにも寒げで、とても手を出す気がしない。 宮本百合子『小祝の一家』より引用
  • その光沢を表現したとされる血、あるいは血液の執拗な描写が極めて印象的である。
  • 日灼ひやけしても色がちがって、その光沢は日本人にありませんね。 川端康成『伊豆の踊子・禽獣』より引用
  • 髪は黒い水泡うたかたの集まりに似て、薄明かりがわずかにその光沢をつたえていた。 R・E・ハワード『征服王コナン』より引用
  • しかし水から出すとすぐに、その光沢はせてきて、その姿が指の間にけ込む。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • そして、その腰の周りには光沢のある帯を締めていたが、その光沢は実に美しいものであった。 森田草平『クリスマス・カロル』より引用
  • 全長五十センチ、黒地に白い斑点が散っていて、その光沢が素晴らしい。 遠藤周作『ぐうたら交友録』より引用
  • きのこを包み込むようにしながら、その光沢のある黄土色を映し出していた。 小川洋子『薬指の標本』より引用
  • なかなかの美人で、着ている黒っぽい服もその光沢こうたくからして、上等の材料だなと思いました。 ドイル『技師の親指』より引用
  • ストッキングは、その光沢の感じから絶対に千円程度のパンティーホースではない。 森瑤子『少し酔って』より引用
  • 暗闇が、彼女を完全に飲みこんだけれど、その光沢のある姿は、まだ彼の網膜に焼きついていた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 07 ハリー・ポッターと死の秘宝 (暫定訳)』より引用
  • その光沢は葛布のみが持つ特権ともいえましょう。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • 男子はみんなその光沢を競い合っていた。 赤瀬川原平『少年とオブジェ』より引用
  • この雰囲気が彼女を優雅と教養の夢の世界に閉じこめてくれたものだが、今はその光沢も失せ、石壁のようになりつつあった。 松本清張『高台の家』より引用
  • 次へ »