そこへ行きたい

17 の例文 (0.00 秒)
  • そこへ行きたいんだけど、ついてきてくれるかい、と鮎太は頼んだのだ。 ...
  • イタリアのこと、そこへ行きたい私の希望をお忘れなく。 ...
  • 昔は私もそこへ行きたいと思っていた。 ...
  • そして、なんとかしてそこへ行きたいものだと考えていた。 ...
  • その時、彼は確かに、私とどこそこへ行きたいと、それだけは、本気で思っていたように感じられたから。 ...
  • でも、あなたたちがそこへ行きたいと思うなら、ただぼんやりと、呑気な、考えなしの毎日を送っていてはいけません。 ...
  • ただし、湖の点在する高原地帯は経由せず、そこへ行きたい場合は駅から別の交通機関を利用する必要がある。 ...
  • ベリナ様はどうしてもそこへ行きたいとおっしゃいます。
  • 真里亞は早くそこへ行きたいの。 ...
  • その男が言うには『そうか、そこへ行きたいんだ』でぼくはそこまで乗せて行って、あの男は車から出ると十ドルくれたんで、ぼくは車を廻して、まっしぐらに家へ戻ったんです。 ...
  • アーサー・C・クラークという人は、ぼくとは正反対で、物心がつくころから宇宙をリアルなものとしてとらえ、いずれは自分自身がそこへ行きたいと考えていた。 ...
  • それでこれから後はオリュンポスにお住まいの神さまが二人への証人だ、もしもあなたのご主人がここのお屋敷へお帰りだったら、外衣や肌着を私に着せて、ドゥリキオンヘゆけるよう送り届けてもらいたい、前からそこへ行きたいと思っていたので。 ...
  • この作品は、ミュージカル仕立ての作風で、登場キャラたちが毎回『どこそこへ行きたい』と願った瞬間に、周りの風景が願ったとおりのそれに変化し、そこで様々な冒険エピソードが展開される。 ...
  • そして僕たちはいつでも、自分とは違った風土に憧れるものだ、違った未知の風土に憧れてそこへ行きたいと願うものだ、僕がこのじめじめした日本が厭になってパリに憧れたようにね、そういう、何処かへ行きたいという気持、それが愛するということなのだ、未知の風土、それは愛する人の心だ。 ...
  • オレも、そこへ行きたい。 ...
  • 高畑副官は、そこへ行きたいと思ったが、前方陣地から撃ち出す銃弾が、あたりをしきりにあらう。 ...