そう尼

30 の例文 (0.05 秒)
  • しかしかれらは小さな機会でもあればもう一度やってきたそうにしていた。 ...
  • そしてそのあいだに席を立って、心配そうに鏡に自分の鼻を映して見た。 ...
  • とても命を買いとってくれそうにもない人間と、半蔵を見たからだろう。 ...
  • だけどそれを着ている彼女の表情は、お世辞にも幸せそうにはみえない。 ...
  • 信用問題だから当然だろうが、彼はひどく不満そうに口を尖らせている。
  • いやそうに顔を背けながら香子が小さく千波に言うのが万里にも聞こえた。 ...
  • 納得のいかない顔をする僕を見て、榿子さんは意外そうに顔をしかめる。
  • 道教にもまた同様の職官が置かれ、出家する僧尼・道士が数万に達した。 ...
  • そしてさも大事そうに両の手に目笊めざるを抱えながら彼の側へ馳けて来た。 ...
  • タクシーの運転手は不思議そうに二人を見ていたが、やがてギヤを入れた。 ...
  • 一度か二度、あの人が何かを話したそうにしたことは、あったようですけど。
  • ジャップは詮索したそうに、彼の顔を見つめていたが、ついに質問した。
  • 顔を上げると、香子こうこが不安そうに目をしばたたかせて万里のかたわらに座っている。 ...
  • 夜木は何かを言いたそうに口を開きかけたが、言葉は出なかった。 ...
  • いや思ったどころか次の瞬間には必ずそうに違いないと考えました。 ...
  • 妻は本当に戸のそとで待っててくれるのだろうか、と不安そうに声をかけた。 ...
  • どうしてそうに違いないと思い込んでしまったのか、私にはわかりません。 ...
  • あのとき、何か僕たちに話したそうにしてたように感じたんです。 ...
  • 辰吉からそう告げられたわけではないのだけれど、きっとそうに違いない。 ...
  • これが、男たちの姿を見て、そうそうに服の乱れを直した女中である。 ...
  • そうには違いありませんが、ちょっと面白い話を本で読んだんです。 ...
  • ワンダラーズの幾人かが輪からはなれて、不安そうに坂の端に走って行った。 ...
  • そうにちがいない、奥の寝室で、あいつと二人でどんなふうにやったのだ?
  • 女性は満足そうに、とても満足そうに何度かうなずいて、静かな笑みを見せた。
  • スピーカーから流れてきた曲を聞いて、湯川は意外そうに目を見張った。
  • そうにでもなったら、今まで君を信じていたのが、裏切られることになる。 ...
  • メノリがジャクソムのところへ駈けよってきた、心配そうに顔を歪めた。 ...
  • そこの白い窓では腫れ上った首が気惰けだるそうに成熟しているのが常だった。 ...