そう呼べる

13 の用例 (0.00 秒)
  • 私には少女時代はなかったが、彼女の一生はたぶん全部そう呼べる内容になるだろう。 内田春菊『息子の唇』より引用
  • たとえば伯要にとって魚支吾は、心からそう呼べる存在だっだだろうか。 井上祐美子『五王戦国志8 天壌篇』より引用
  • 家族とか親友とかって、我慢する必要が無いからそう呼べる相手だと思ってたんだ。 堀田あけみ『愛をする人』より引用
  • そう呼べるものがあればの話ですが。 星新一『おみそれ社会』より引用
  • そう呼べるものかどうかはわからないが、そう呼ぶにふさわしいできごとが、いつも起こった。 赤江瀑『アニマルの謝肉祭』より引用
  • 森と、そう呼べるくらいの場所もあったのです。 夢枕獏『神々の山嶺 下』より引用
  • かれにはこのアラキスという乾燥した荒地を故郷と呼ぶことができず、将来そう呼べるようになるとも考えられなかった。 ハーバート『デューン・砂の惑星1』より引用
  • イギリスではブールバードという語は通りの名に使われないし、そう呼べるような高規格な街路自体があまり一般的ではない。
  • だが、今ではそう呼べるのは、この一つだけだ。 古橋秀之『ブラッドジャケット』より引用
  • 人間同士の、男と女の交わりを、人々は簡単に「愛」と呼ぶが、ほんとうにそう呼べるだけのものがどれくらいあるか、はなはだ疑わしい。 塩田丸男『天からやって来た猫』より引用
  • あと何度、そう呼べるだろう。 今野緒雪『マリア様がみてる 10 レイニーブルー』より引用
  • テン様もトエ様も、何処どこででも、そう呼べる。 高野和『七姫物語』より引用
  • もう私、そう呼べるから。 赤川次郎『怪談人恋坂』より引用