そう切り出し

156 の用例 (0.00 秒)
  • 相手が視線に気づかない様子なので、佐伯はそう切り出した。 半村良『英雄伝説』より引用
  • 美音子がそう切り出した途端、鮫島の顔つきが心なしか変わったように見えた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • そう切り出して、すらすらと何か思い出すかのように語り始めた。 むぅ『Happiness』より引用
  • ヴェールで顔を隠した貴婦人は名乗ろうともせず、そう切り出した。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第04巻』より引用
  • 二十七歳になった現在も、現役として充分通用する美貌の持ち主はそう切り出した。 足立倫行『アダルトな人びと』より引用
  • 不機嫌ふきげんそうにそう切り出し、その声は驚くほど怒っていた。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅰ (電撃文庫)』より引用
  • どちらとも牽制けんせいするような雰囲気ふんいきの中、茅原さんがおずおずとそう切り出した。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第09巻』より引用
  • 機会きかいわたくしはそうしました。 浅野和三郎『霊界通信 小桜姫物語』より引用
  • 丁寧な口調で、お初とおよしの顔を等分に見比べながら、そう切り出した。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • 坂口がそう切り出した時、俺はまだ感慨に耽っている最中だった。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖1 ~栞子さんと奇妙な客人たち~』より引用
  • 源は腰を下ろしながらそう切り出した。 吉村達也『南太平洋殺人事件』より引用
  • 参謀はそう切り出し、簡単にメンバーを紹介しょうかいした。 野尻抱介『クレギオン 7 ベクフットの虜』より引用
  • 犬の話題が一段落し、少し沈黙があってから彼がそう切り出した時、わたしはその言葉の意味を何一つ理解できなかった。 小川洋子『妊娠カレンダー』より引用
  • 十円玉の落ちる音がするなり、槙原はそう切り出した。 吉村達也『丸の内殺人物語』より引用
  • 「あの、あなたもケンの知り合いですか」僕は初めて会う君にそう切り出した。 尾崎豊『黄昏ゆく街で』より引用
  • 先ほどの小僧さんが、明るい額をこちらに向け、うっとりするようなきれいな声でそう切り出した。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • 隣に並んで窓越しの夜景を眺めていた未知子が、突然、何の前置きもなくそう切り出してきた。 吉村達也『憑依 ―HYOU・I―』より引用
  • 篠山検事は相手のようすをゆっくりとながめておいてから、とつぜんそう切り出した。 横溝正史『芙蓉屋敷の秘密』より引用
  • そう切り出したのは彼女だった。 大石圭『飼育する男』より引用
  • 中尉の階級章をつけた芝村が、薄暗いトーチカに設けられた指揮所に座ってそう切り出した。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 11 5121小隊の日常II』より引用
  • 次へ »

そう切り出し の使われ方