そう切り出し

156 の用例 (0.00 秒)
  • 廊下の片隅に俺を連れ出した女が詰問するような口調でそう切り出した。 押井守『Avalon 灰色の貴婦人』より引用
  • そう切り出しても何の手答えもないので、今度は質問の形に切りかえた。 サキ『ザ・ベスト・オブ・サキⅠ』より引用
  • 九時過ぎに私の部屋を訪れた運転手はいきなりそう切り出した。 高橋克彦『緋い記憶』より引用
  • 鷹野たかのさんはそう切り出し、雛見沢ひなみざわがかつて鬼ヶおにがふち村と呼ばれていたこと。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 06 罪滅ぼし編』より引用
  • 頭の後ろでうでを組んだ僕がそう切り出した時、遊佐があっさりと口を開いた。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • そう切り出したが、後に続く言葉がなかなか出てこなかった。 賀東招二『フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上)』より引用
  • ぬまの側の、林に囲まれた芝生しばふを歩きながら、エリノアはそう切り出した。 小林めぐみ『ねこのめ 第2巻 羅針盤の夢』より引用
  • ふくらみきった風船を目の前にしたような緊張感きんちょうかんえかね、俺はそう切り出した。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第06巻』より引用
  • 僧侶がそう切り出したのは、一通りの治療を終えてからだった。 阿刀田高『箱の中』より引用
  • アイスクリームをもうひとつ食べたあとで娘がそう切り出した。 大石圭『飼育する男』より引用
  • ふとヨアンがそう切り出したので、あるじはびくりとかたをすくませている。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅢ Side ColorsⅢ』より引用
  • 杏耶子が、そう切り出したのは、ジュースのグラスを空にしてからだった。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 06 軟着陸』より引用
  • 耕作がそれきりなんとも言わないので、今度は京子のほうからそう切り出した。 横溝正史『呪いの塔』より引用
  • 八重垣は、いつものにちゃっとした、高くきしんだような声でそう切り出した。 桐生祐狩『夏の滴』より引用
  • 訪れた私に向かって、玄児はやおらそう切り出したのだった。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • 運ばれてきたカクテルに形式的に口をつけたあと、いきなり有紀がそう切り出してきた。 吉村達也『スイッチ』より引用
  • ジーニたちが口を開くより先に、リウイが勢い込んでそう切り出した。 水野良『魔法戦士リウイ 第02巻』より引用
  • そう切り出したあろえは、要領の得ない言い回しで説明を始めた。 谷川流『電撃!!イージス5 第01巻』より引用
  • 地形図を描いた布を畳みながら、思いだしたように淑夜がそう切り出したのである。 井上祐美子『五王戦国志3 埋伏篇』より引用
  • ようやく手を離した志貴に散々文句を言った後、イリヤはそう切り出した。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • 次へ »

そう切り出し の使われ方