そうに頬を染め

19 の用例 (0.00 秒)
  • それを見たネコミミメイドさんが何やらずかしそうにほおめている。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第01巻』より引用
  • 聞くと、麻奈実まなみはもじもじと指と指をからめ、ずかしそうにほおめた。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第02巻』より引用
  • 問われた姫路さんは少し恥ずかしそうにほおめてこう答えた。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 03』より引用
  • 村娘たちはずかしそうにほおめて、歩き去っていった。 桜庭一樹『GOSICK 第4巻』より引用
  • すると少しずかしそうにほおめて、でもうれしそうにぱたぱたと手をってくれた。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第01巻』より引用
  • それから、恥ずかしそうに頬を染めてぼくを見つめる、琴吹さんの笑顔が。 野村美月『文学少女シリーズ05 “文学少女”と慟哭の巡礼者』より引用
  • 遠子さんは恥ずかしそうに頬を染めている。 野村美月『文学少女シリーズ13 “文学少女”と恋する挿話集3』より引用
  • 母親は、まるで恋人に「すてきだよ」と言われた若い娘のように、うれしそうにほおを染めた。 赤川次郎『素直な狂気』より引用
  • と言って、おれは恥ずかしそうに頬を染めた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター10 エイリアン魔神国 上』より引用
  • 邦子が嬉しそうに頬を染めて、もう一度頭を下げると、マネージャーと二人でセットを出て行った。 赤川次郎『やさしい季節 上』より引用
  • 狭い部屋の隅で、窓に向ったままふり返らないでくれと治夫に頼んで菊江は身繕いし、向い直した時、彼女は初めて恥ずかしそうに頬を染めた。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • とても可愛らしい新婦ですね、そういうと雛壇ひなだんでこの死体は恥ずかしそうに頬を染め、隣にいる利明に視線を送っていた。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • 言いかけて、若女将は恥ずかしそうに頬を染めてうつむく。 五百香ノエル『骸谷温泉殺人事件』より引用
  • 細い指がなごむの額に触れ、なごむが恥ずかしそうに頬を染め、眼鏡をはずすのを見て、気が狂いそうになった。 野村美月『文学少女シリーズ10 “文学少女”見習いの、初戀。』より引用
  • 紗代ちゃんは、嬉しそうに頬を染めている。 野村美月『文学少女シリーズ12 “文学少女”見習いの、傷心。』より引用
  • そこで私がお礼心に、美しいお姫様や腰元の絵を見付け出して、姉の頬ぺたをつついてやると、さすがにちょっとうれしそうに頬を染めましたが、すぐ淋しそうに長いまつげを伏せて首を左右に振るのでした。 横溝正史『蔵の中・鬼火』より引用
  • 若女将は恥ずかしそうに頬を染めた。 五百香ノエル『骸谷温泉殺人事件』より引用
  • 香鈴はうれしそうにほおを染めた。 雪乃紗衣『彩雲国物語 外伝 2 藍より出でて青』より引用
  • ゾフィはうれしそうにほおを染めた。 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 下巻』より引用