そういう具合

86 の用例 (0.00 秒)
  • けれども山の間にそういう具合にぐるっと一廻り出来る道が付いて居る。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • そういう具合に葬むられた自分も早桶の中であまり窮屈な感じもしない。 正岡子規『死後』より引用
  • ところが高僧のお言葉ときては、そういう具合にいかないのである。 坂口安吾『勉強記』より引用
  • そういう具合に、彼は二人のことを心配してくれているのだ。 南里征典『成城官能夫人』より引用
  • そういう具合な考え方もしてみた、いろいろ考えてみたんだ。 吉行淳之介『美少女』より引用
  • けれども克史と私のような場合だと、そういう具合ぐあいにはいかない。 田中康夫『スキップみたい、恋みたい』より引用
  • これはまったく西部劇のサルーン風の感じで、音楽もそういう具合になっている。 小林信彦『世界の喜劇人』より引用
  • ギャツビーの死後、東部はそういう具合にぼくを悩ますようになった。 フィッツジェラルド・フランシス・スコット『グレイト・ギャツビー』より引用
  • かれらの心はそういう具合には動かないのだ。 ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』より引用
  • 俳優は、そういう具合に、どこか一点人より優れているということが大事であります。 岸田国士『俳優倫理』より引用
  • けれども、慎平の様子は、どうもそういう具合でもなさそうだった。 南里征典『成城官能夫人』より引用
  • そういう具合にして胃に貯えたものを、必要なときに口に戻して食い直す。 山田風太郎『明治波濤歌(上) 山田風太郎明治小説全集 9』より引用
  • 核心部分の質問は、そういう具合に、さりげなく投げだすことができた。 南里征典『成城官能夫人』より引用
  • だけど、小説の中ではそういう具合に書かないと、生き生きとして来ないのです。 海音寺潮五郎『さむらいの本懐』より引用
  • 動物は四つんいでセックスをするから、肉体もそういう具合にできている。 小林信彦『怪物がめざめる夜』より引用
  • たいていの国がそういう具合になっている。 帚木蓬生『受精』より引用
  • そういう具合にして本を売り、うまく数十円の金を手に入れても、時間はまだ九時頃である。 筒井康隆『不良少年の映画史 PART1』より引用
  • そういう具合で荷物はことごとく向うの岸に投げ終ったです。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • 日本のものはみんなそういう具合である。 赤瀬川原平『優柔不断術』より引用
  • 一事が万事そういう具合ですから、長じるにつれて誰もがいよいよ父親に似てくるのです。 浅田次郎『壬生義士伝 下』より引用
  • 次へ »