ぜいたく三昧

10 の例文 (0.00 秒)
  • またアメリカ人も、ドルが高いからハイチで安い費用でぜいたく三昧ざんまいに遊べる。 ...
  • それに彼は彼女にずいぶんぜいたく三昧ざんまいの暮らしをさせてくれたけれども、あの男といっしょにいても、けっしてしあわせな気持ちを味わえなかった。 ...
  • あまりにもぜいたく三昧の生活や享楽が好きだから、ぼくのためにそうしたものを犠牲にするのはとうていむりなのだ。 ...
  • 都でぜいたく三昧の暮らしをし、意志も体力も薄弱な人間なら、当然ゾンガーのような経験とまではいわないまでも、疲労困憊するまでに体力を消耗すると、病気になって何日も床に臥せることになるだろう。 ...
  • われわれは、ぜいたく三昧な暮らしをやった。 ...
  • この騒がしい世に、せめて書物だけは心静かに、ぜいたく三昧、理想的な境地で、ゆっくりと読みたいと思う。 ...
  • まあ派手な派手なパーティはする、そしてお酒は飲むし、ぜいたく三昧ざんまいで、それでいつもお金がなかったんですねえ。 ...
  • 彼はナスターシャ・フィリッポヴナをペテルブルグに住まわせて、ぜいたく三昧ざんまいに暮らさせようと決心した。 ...
  • このへんに討死うちじにしているやつらは、おおかた滝川一益たきがわかずますの家来で、ツイきのうまでは、桑名城くわなじようでぜいたく三昧ざんまいなくらしをしていた者ばかりだからな。