せるようなまね

17 の例文 (0.00 秒)
  • 安心するがいい、お前の若さをいたずらに失わせるようなまねはせぬ。 ...
  • 料理のそばに彼がただ一人いたなどと、あとでだれかに言わせるようなまねをしてはならなかった。 ...
  • 東原を悲しませるようなまねはしてはならないというのが隊の掟だ。 ...
  • おれの息子をそそのかして親に背かせるようなまねはやめるんだ。 ...
  • ベテルリは嫌いだったが、告げ口して候補からはずさせるようなまねはできない。
  • やきもち一つやく気配もありませんでしたし、また、わたくしを嫉妬させるようなまねもしなかったのです。 ...
  • 一日や二日やすんだって、おふくろや女房子どもを飢え死にさせるようなまねをする気づけえがあるもんか。 ...
  • ディックは今度彼女に会ったら、これまでのように眼を合わすのを避けたり、つまらないことをして気持ちを苛立せるようなまねはしまいと心に誓っていたのに、それを破ってしまった。 ...
  • それにひきかえ、卑怯ひきょうにも、不運な人間の苦しみをますますつのらせるようなまねをするとは! ...
  • 「これを女王様にお見せしろ」 「ここでの人気を失墜させるようなまねはしないほうがいいよ、サディ」ガリオンはそっと注意した。 ...
  • それで彼は、益のない質問をして、「ほう」とか「おお」とかいわせるようなまねはしなかった。 ...
  • 動機がないどころか、佐久田は、自分の頼みの綱である服部を殺し、自らの運命を委ねた船を沈没させるようなまねをするわけがない。 ...
  • かつてのあの日、ワフーンの大軍がわたしたちに襲いかかってきたとき、あなたが残していったことばが本心なら、ほかの男にあなたのことを花嫁と呼ばせるようなまねは、断じてさせぬ。 ...
  • そうかとおもうと、からかさえのきで鬼火をたいて、鳶頭かしらの死体を掘りださせるようなまねもなさいます。 ...
  • その人はとてもやさしく抱きしめてくださり、ほんとうに愛している、いつまでもいっしょにいよう、こうなったからにはけっしてわたくしに後悔させるようなまねはしない、一つ大船に乗った気持でいてくれと、じゅんじゅんとお話しになります。 ...
  • かりにも紳士なら、 なぐさみ半分、小娘をいじめて、 くやしがらせるようなまねはなさらぬはず。 ...