すんぽう

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • そして彼らはわれわれを同盟国民として覚えていてくれるという寸法さ。 ...
  • 平さんもそうだったが、どこか私たちと寸法が違っているようであった。 ...
  • 寸法が大きいというのはそれだけで他を圧倒してしまうモノなのである。 ...
  • その背中の背後から、妙なる楽の音がひびいてくるという寸法であった。 ...
  • この機械による生産の結果、締め具の寸法が標準化されることになった。 ...
  • たとえば、日本で建築用に使われているものには以下のような寸法がある。 ...
  • 只寸法だけを世話を頼んだ婆あさんの手でお玉さんに問わせたのである。 ...
  • 着物の寸法も取らねばならんのに朝から何処へいったのかとブツブツ。 ...
  • その他、本系列では運転室の前後寸法が拡大され、居住性が改善された。 ...
  • 一坪館だから、たてもよこも六尺はあったが、それは家の外側の寸法だ。 ...
  • ファンダレルにはこのように途方もない寸法は理解しがたいものだった。 ...
  • それをまたわれわれ三人の男がげらげら笑いながらみてたという寸法です。 ...
  • すると、捕まえた人間の希望通りの服を彼方が着てくれるってえ寸法だ! ...
  • それで残った最後の箱を船に積みこんで、引き揚げるという寸法なのだ。 ...
  • 日本語用TeXでも級や歯で文字の寸法などを指定することができる。 ...
  • 勝ったら、占領した城市だとか土地だとかがもうけになるという寸法で。 ...
  • 二メートルあれば軒から手すりまでの柱の寸法もなんとか計れるだろう。 ...