する快速列車

40 の用例 (0.00 秒)
  • なお、王寺駅 - 和歌山駅間を通しで運転する快速列車はない。
  • なお、当駅に停車する快速列車は、津山駅まで各駅に停車する。
  • さらにかつては現在とは逆に、前橋方面を快速運転し、上野方面を各駅に停車する快速列車も存在した。
  • 途中名取駅にのみ停車する快速列車が1日2往復運転され、それ以外はすべて各駅停車である。
  • 名古屋を中心とした豊橋駅 - 大垣駅間では、一部の駅にのみ停車する快速列車と各駅に停車する普通が運行されており、これらによるパターンダイヤが形成されている。
  • 札幌駅まで直通する快速列車「ニセコライナー」もこの区間内では各駅停車となる。
  • なよろは、北海道旅客鉄道が旭川駅 - 名寄駅間を宗谷本線を経由して運行する快速列車である。
  • いしかりライナーとは、北海道旅客鉄道が函館本線で運行する快速列車である。
  • 以前は深夜に米子駅から当駅まで各駅に停車する快速列車があったが、2010年3月改正で運転区間が短縮された結果、倉吉駅止まりの普通列車になった。
  • ただし、大阪駅の一部の発車標では関西本線・阪和線・関西空港線方面へ直通する快速列車のみ案内されている。
  • JRにおいても、現在では乗車に特別料金を要する列車はほとんどが特急列車に収斂されつつあり、その一方で長距離を速達運転する快速列車が頻繁運転される例が増加してきている。
  • 広島シティネットワークでは広島駅を基準とし、基本的に朝の通勤時間帯に広島駅に到着する快速列車が、夕方の通勤時間帯に広島駅を発車する快速列車が「通勤ライナー」として運転されている。
  • 横須賀線・総武快速線と直通する快速列車は、当線では千葉駅 - 上総一ノ宮駅間で運転されている。
  • 王寺駅 - JR難波駅間では、和歌山線や桜井線方面に直通する快速列車も運行されている。
  • ここでは、クハ47形などと組んで普通列車に使用されたが、同年10月からは飯田線を走破する快速列車が設定され、モハ52形はこれに使用されることとなり、豊橋機関区に転属となった。
  • 列車線ホームから発車する快速列車は明石駅 - 兵庫駅間がノンストップとなるが、電車線ホームから発車する快速列車の場合は途中の舞子駅・垂水駅・須磨駅に停車する。
  • 関西本線に直通する快速列車は1973年から運転され、1989年3月11日から大和路快速として運転されるようになった。
  • 廃止時は10往復の列車が設定され、普通列車のほか朝の上りと夜の下りに各1本ずつ日豊本線と当線を経由して西鹿児島- 日南線油津間を直通する快速列車「大隅」が設定されていた。
  • くびき野は、東日本旅客鉄道が新井駅 - 新潟駅間を、信越本線経由で運行する快速列車である。
  • 仙台シティラビットは、JR東日本が仙台 - 福島間で運行する快速列車の愛称である。
  • 次へ »