する働きを持つ

40 の用例 (0.00 秒)
  • ただ、ヒスタミンは脳内伝達物質の1つであるので、集中力や記憶力を高めたりする働きを持つため、抗ヒスタミン薬が脳内に移行すると、脳内のヒスタミンまでもがブロックされてしまう。
  • RNaseはRNAを分解する働きを持った酵素である。
  • 受精卵が発育した幼植物である胚自体とは別の組織であり、発芽に際して胚の成長に必要な養分を供給する働きを持つ。
  • エダラボンは脳保護剤であり、 急性の脳虚血発作や脳梗塞後の血流再開時に発生するラジカルを捕えて脳神経を保護する働きを持つ。
  • エストロゲンはステロイドホルモンの一種であり、生殖機能の形成および細胞の増殖を促進する働きを持つ。
  • ところが第二次大戦後になって、精液の中から発見されたプロスタグランディンという物質の生理活性作用が注目を集め、アスピリンには炎症の原因となるプロスタグランディンを体の中で合成する働きを持つ、シクロオキシゲナーゼという酵素の働きを止める作用があることが分かった。 宮田親平『ハゲ、インポテンス、アルツハイマーの薬』より引用
  • 同じキク科のダリアと同様、塊根を生じる地下茎の芽とセットになって、これに発芽時の栄養分を供給する働きを持つ。
  • オーキシンが側芽の成長を抑制する働きを持つことを示す一例として、頂芽の切り口にオーキシンを含む寒天片を置くと側芽の成長が抑制されるという現象が挙げられる。
  • オートインデューサーは、細胞内で転写制御因子に作用して、特定のタンパク質の合成を促進する働きを持っているが、自分自身の細胞内で働くだけでなく、菌体外に分泌され、それが他の細胞内に取り込まれることによって、その細胞にも作用する。
  • 中脳中心灰白質にも二次ニューロンは投射しており、ここから延髄の大縫線核、さらに脊髄へと投射があって、痛覚信号の入力があるとそれを抑制する働きを持つ。
  • またサンゴモの一種であるエゾイシゴロモは、その表面に遊走子が付着すると、その遊走子の発芽、生育を阻害する働きを持っていることが知られている。
  • 細菌と言っても、それは低酸素症や無重力障害、それに創傷そうしょうによるダメージなどから人体を保護する働きを持つ〝薬〟としての菌だ。 上遠野浩平『鉄仮面をめぐる論議』より引用
  • フロンは非常に安定な物質であるため、ほとんど分解されないまま成層圏に達し、太陽からの紫外線によって分解され、オゾンを分解する働きを持つ塩素原子ができる。
  • 壁、主に真壁に使用される貫は、柱を貫通させ楔で固めることにより、柱の曲げ耐力を建築に加わる水平力に対する抵抗要素とする働きを持つ。
  • 過酸化マグネシウムと同様に、土壌や地下水の炭化水素を分解したり嫌気性生物を抑えて環境を浄化する働きを持つ。
  • 頂芽を切除した後に見られる側芽の成長は、側芽の成長を抑制するオーキシンの減少とともに、側芽の成長を促進する働きを持つと考えられている植物ホルモンの一つであるサイトカイニンの増加によって導かれる、という見方が一般的である。
  • 細胞膜上に存在し、プロトンを細胞内に入れる代わりにナトリウムを細胞外に排出する働きを持ったタンパク質で、根においては、流入したナトリウムを根の外に運び出したり、道管に運び込んだりする働きを担っている。
  • そんな怖い薬より、むしろアルコールのほうが、大脳の新皮質と呼ばれる高次元の中枢を抑え、旧皮質と呼ばれる動物的本能をつかさどる中枢を解放することになるので、性行動を大胆にする働きを持つ。 宮田親平『ハゲ、インポテンス、アルツハイマーの薬』より引用
  • 白血球や初乳、卵などに存在し、保有者の免疫反応を誘導、助勢、抑制する働きを持つ。
  • 血圧上昇を抑制する働きを持つガンマアミノ酪酸が玄米より多く、白米の約10倍程度含有される。